« 西野錦城(1926)「都山流・上田流 尺八獨習」 | トップページ | 石島鴎雅(1936)「懐古情緒哀艶切々追分節の變遷[還?]」 »

尺八獨習會・沼崎鶴岺(1926)「琴古流尺八講義録」

国立国会図書館で公開されています.

尺八獨習會・沼崎鶴岺「琴古流尺八講義録」
1926年(大正15年)4月 尺八獨習會

(著作権法第67条第1項により文化庁長官裁定を受けて公開)
Numasaki01  Numasaki02
手書きの原稿をそのまま印刷した教本です.

琴古流としての方針」の節には「元来音楽の進歩如何は其国の文明程度を示すといふ位に迄社会関係を含み重要視されて居ります」「無智な蛮民共が喜ぶ浅芸[?]な鳴物と文明人が尊ぶ神秘な音楽とは其處に懸隔が■[?]るか共鳴を其生存中の心理に響興させ得る」とし,社会進化論の見解をもたれていたようです.これに続き「既に我国は皇流一栄尊き国王の元に純同血種族が堅き團結を作つて居る」と書かれ,歴史的事実と異なる当時流行の社会進化論に基づく歴史観を持たれていたようです.

尺八の歴史については,「琴古流としての方針」の節に「元来尺八は冷璋[?]なるを以て吾国民性に共鳴し大自然な曲風は好く其特有を表して居ります.殊に其来歴、宗教より出て世俗を解し或時は朝廷に入つてその美を発却[?]し或時は民間に盛つて其能を普及せしむ故、その美情の流像を呼ばしめたと云ふ事は共に我国粋界唯一の誇りであります」と,従来の伝統的見解をその方向でさらに推し進めています.また「尺八概傳」の節には「尺八は漢土の洞■[ショウ]と云ふ小竪笛の変化した物だと伝ひて居ります」と書かれています.

尺八の国内の歴史については,「尺八概傳」の節に,古い文献に記述された雅楽尺八等を「尺八」として紹介した後,「彼の貞享・元禄の頃江戸浪華の地にあつて侠客男・伊達の徒が・・・」と説明し,続いて「遂に明治初年頃に至る迄は全く不慮の境にありました」「明治より大正に至りては益々其眞價を表はして来たのであります」「近来各大学では・・・学生團が尺八を学んで、此の男性的楽器による常識の向上を計ると云ふことであります」と,当時の状況を説明しています.

尺八の音色については,「尺八を初むるに就て」の節に,「尺八音の特長とするは悲淒にして、情淑綿々、余韻弱々たる所にありますので、他の楽器とは別な趣を有して居ります.自体音楽は其の主体が純悲観であり」「尺八は音そのものが既に悲観を表はして居ります」という説明で,音楽について狭くとらえているようです.「音とは何ぞ」の節には「春暁の枕に夢を破つて響く遠寺の鐘の音・・・この鐘の音こそは尺八を好む吾々が浮[?]と聞き逃してはならない物であります」と,尺八音の理想を述べています.

音の高低」の節に,甲音について「唇に力を入れて、強く吹くとピーと云ふ高ひ音が出ます」,乙音について「唇に力をぬいて息緩く吹くと、ポーと云ふ低い音が出ます.」と説明しています.

メリカリ音の説明」の「メリの方法」の節では,「今尺八の孔を指先にて細める時」「又顎を内へ引いて息を細く、少なく入れ」「「メリ」の時には右の二法を適用」すると説明しています.また「中メリ」については「[?]り指の方だけ「メリ」にして口は普通にして吹く」と区別しています.また,「時たまあります」「大カリ」は「普通音より更らに顎を出して音を高く出す」としています.


君が代」の譜が掲載されていますが,譜を辿るとメロディーになっていません.対旋律のような歌の伴奏なのでしょうか?


表題のページに「インチキ」の書き込みがあり,さらにこれに「大」も加えられていて,結局「琴古流尺八大インチキ講義録」と読めるようになっています.本文にも若干の書き込みがありますが,それほどおかしなことも書いてないので,著者に対する個人的な思いからの書き込みかと思います.


目次
第一編 琴古流としての方針
第一章 尺八概傳
      尺八を初むるに就て
第二章 尺八樂典
      音とは何ぞ
      音の高低図解
第三章 音譜
      自然音
      技巧音
      裏五表四三二一
第四章 拍子法
      図解説明
      補助線
第五章 尺八吹奏法
      取扱法

|

« 西野錦城(1926)「都山流・上田流 尺八獨習」 | トップページ | 石島鴎雅(1936)「懐古情緒哀艶切々追分節の變遷[還?]」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西野錦城(1926)「都山流・上田流 尺八獨習」 | トップページ | 石島鴎雅(1936)「懐古情緒哀艶切々追分節の變遷[還?]」 »