« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

新井政毅(1892)「虚無僧事實考」

新井政毅「 虚無僧事實考」

「風俗画報 第三拾七號」東陽堂発行

1892年1月10日


Arai01_2
雑誌「風俗画報 37号」は1892年(明治25年)の1月に発行され,国内の正月風俗が紹介されています.この中に川越在住の著者による虚無僧の記事があります.

先ず,記事の冒頭で「虚無僧」の名称の由来を以下のように「虚無空寂」に帰します.

雍州府志云虚無空寂を宗とす故に虚無僧と稱す又薦僧とも書

   註:雍州府志=>山城国(京都府)の地誌.1682年成立.(ブリタニカ国際大百科事典)

その後,薦僧の祖として朗庵を紹介し,京都の虚無僧寺を「妙安寺」とし,朗庵が京都妙安寺から宇治の吸江菴に移り,ここから弟子が諸国に移ったと紹介しています.

「虚無僧」の性格については以下のとおり,「還俗」を重要視しています.

虚無僧は...一時の隠家として不入守護の宗門に依て諸士の席に定め置き何時にても還俗せしむ

記事執筆の当時(1982年 明治25年)には,虚無僧が居て,(その本意ではないにしても)弟子をとって尺八と教授していたと記述しています.

虚無僧の寺院は托鉢を以て業として壇越といふもなく縣官よりも立錐の地を賜されは今は甚困窮せし故に何人なりとも望のものをは弟子として尺八吹こ[く?]とはかりと會したるは恐らくは本意ならさらん

一方,普化宗については,以下のように,虚無僧の自称の説になにがしかの疑問を持っているように読めます.

その宗旨は普化禪師より出て・・・・尺八は唐の呂才か製して大宗の時燕樂とせしというをみれは普化禪師の吹かれたるもことはり[=理]なりその血脈相承は實に彼等か云ふ所の如なりや不審と金娥長語[=綺麗で長い言葉]に見えたり

| | コメント (0)

宝台院(静岡市)「尺八碑」

静岡駅の近くにある「尺八碑」を見てきました.

Houdaiin01   Houdaiin02
静岡駅から1㎞弱のところに室町時代創建の宝台院(寶臺院)というお寺があります.その境内に「尺八碑」が建てられています.この碑については,小菅大徹(2017)「江戸時代における尺八愛好者の記録 ~細川月翁文献を中心として~」(虚無僧研究会発行)の中の「十 「尺八碑銘」の碑について」に詳細に記述されています.
碑文によれば,この碑はこの地で尺八を教授していた柳井青翁師の功績をたたえ,1890年(明治23年)に師が64歳になったのを期に師を顕彰して門人が建立したことが書かれています.建立の主唱者として,静岡県内の35人,愛知県の1人,石工1人の名前が刻まれていますが,中には10人以上の竹名の人物がいます.女性が2人以上含まれているかもしれません.
明治23年に既に碑を建立するほどに尺八が普及していて,さらに竹名を授与する(または「承認する」)ほどに尺八の組織もできていたということに驚きました.
なお,この宝台院は徳川家康の側室「西郷の局」の菩提寺であり,大きな墓石が建立されていました.また,キリスト禁教令が出るまで家康の侍女「ジュリアおたあら」が信拝したという「キリシタン灯籠」も保存されていました.宝台院は,明治元年(1968年)に江戸幕府が倒れた後,徳川慶喜が明治2年(1969年)に市内に居所を得るまで約1年間謹慎したお寺でもあるそうです.

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »