« 増位山 虚無僧之碑 (姫路市 随願寺内) | トップページ

森田吾郎「三味線,箏,尺八調律法 : 歐洲音符比較對照」

国立国会図書館で公開されている文献です.

森田吾郎「三味線,箏,尺八調律法 : 歐洲音符比較對照」
1909年(明治42年)7月20日 星野文星堂・武田交盛舘
(著作権保護期間満了)

森田吾郎は名古屋の人物で,後の「大正琴」の発明者.この本は三味線,箏,尺八のそれぞれの演奏家の校閲を受けていて,尺八については兼友西薗の後継者内田紫山が校閲してます.

Morita01  Morita05

この本の記述によれば,すべての尺八は現代の尺八より半音低い可能性があります.また,「チ」は現代の尺八の「チ」より半音高い可能性があります.

Morita04

詳しくは,私のHPへ

|

« 増位山 虚無僧之碑 (姫路市 随願寺内) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増位山 虚無僧之碑 (姫路市 随願寺内) | トップページ