« 内山嶺月「根笹派 大音笹流 錦風流尺八本曲伝」 | トップページ | 善養寺惠介氏「尺八演奏会」 »

後藤露湲(新吉)「尺八獨稽古」

後藤露湲(新吉)「尺八獨稽古」

1898年10月28日 岡本偉業館

国会図書館で公開
(著作権法第67条第1項により文化庁長官裁定を受けて公開)

Goto01 Goto02

Goto03  Goto04

Goto05


 (抜粋)

予曩(さき)に陸軍に音樂の事に奉務す.和漢洋を論ぜず音樂の事は予が元来(ぐわんらい)好む道ゆゑ,種々(しゅじゅ)渉猟(せふれふ)して止まず,然るに何(いず)れの樂も,其樂理は西洋音樂上の學理に歸せざるは莫(な)し,此尺八の獨習書は世にかずかずあれど
・・(中略)・・一(いつ)も樂理に由(よ)りたるものなし・・(中略)・・獨(ひとり)稽古をする人々・・(中略)・・ ■(そ)を學び易くせんとて,■(こころ)みに西洋學理に充(あ)てて曲譜を作り,親しく自(みづか)ら吹き,試みしに律に稱(かな)ひて最(いと)調子(てうし)よかりければ・・(中略)・・世に公(おほやけ)にすることとは爲れり・・(後略)

明治三十一年の秋    露湲逸人 志るす

フホウエ式の表示による曲譜です.
曲譜を一読しても,序に書かれているような特段にこの譜のみが「西洋学理」適合していることが良く判りません.この点の理解のためには,同時代の他の譜との比較が必要かと思います.

俗曲:77曲
筝曲:六段(初段~六段)
唱歌:四曲
清樂(せいがく):四曲
軍歌:五曲

|

« 内山嶺月「根笹派 大音笹流 錦風流尺八本曲伝」 | トップページ | 善養寺惠介氏「尺八演奏会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内山嶺月「根笹派 大音笹流 錦風流尺八本曲伝」 | トップページ | 善養寺惠介氏「尺八演奏会」 »