« 善養寺惠介氏の新CD | トップページ | 岸田國士の書評:米川正夫著「酒・音楽・思出」 »

永井荷風「荷風戰後日歴 第一」

「青空文庫」に掲載されています.

永井荷風の日記です.

昭和廿一年

三月十四日。
晴。
[中略]その頃店[注:神田今川小路の筆匠玉川堂]の裏手に小庭を前にせし貸席ありて折々俳諧謠曲の會などの催しをなすものありき。余は荒木竹翁につきて琴古流の尺八を學びゐたれば翁父子及び門下の人々と一二度さらひの會に赴きしこともありしなり。[後略]

|

« 善養寺惠介氏の新CD | トップページ | 岸田國士の書評:米川正夫著「酒・音楽・思出」 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 善養寺惠介氏の新CD | トップページ | 岸田國士の書評:米川正夫著「酒・音楽・思出」 »