« 今野真二(2012)「百年前の日本語」 | トップページ | 宇田川孝童 (1892) 「東譜竹のしらべ : 一名・尺八独習」 »

天吹

鹿児島市に行ってきました.折角なので天吹をみてきました.

Dsc_0604

天吹同好会の島津義秀氏にお伺いしたところ,鹿児島県歴史資料センター黎明館と鹿児島市維新ふるさと館に展示があるとご教示いただいたので,両館で見てきました.維新ふるさと館は写真撮影が自由でしたので,この写真は同館の天吹です.音を出すのが難しそうな楽器に見えました.

それはともかく,今年の桜島は大噴火が続いていて,鹿児島市の市街地でも灰が掃除していない歩道はこんな様子でした.砂浜をあるいているようでした.

Dsc_0584

ちなみに明治初期には桜島はこれほどの継続した噴火をしていませんでしたので,西郷さんはこれほどの噴火をほとん経験していないはずです.

|

« 今野真二(2012)「百年前の日本語」 | トップページ | 宇田川孝童 (1892) 「東譜竹のしらべ : 一名・尺八独習」 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今野真二(2012)「百年前の日本語」 | トップページ | 宇田川孝童 (1892) 「東譜竹のしらべ : 一名・尺八独習」 »