« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

小栗風葉(1900)「戀慕ながし」

相当に古い本を入手しました.

小栗磯夫(風葉)(1900)「戀慕ながし」春陽堂
1900年5月23日発行
1900年12月20日三版

尺八本曲「恋慕流」を伴奏のように使った311ページの恋愛を題材とした長編小説です.表紙の尺八の絵は大変丁寧で美しいものです.また,冒頭の絵も丁寧に描かれています.この絵の男性の虚無僧姿は,遊郭・料亭を背景にして,当時の虚無僧というよりは歌舞伎の虚無僧のような伊達姿です.お供の美女が持つ楽器は胡弓で,当時としては三味線よりは上品だったはずです.

善積蓼村による「戀慕流」の譜が巻頭に掲載されています.琴古流の記譜法で書かれていますが,1)蓼村が「名古屋地方に行はるゝ戀慕流を我が琴古風に飜案せしなり」と記していること,2)1900年の出版であること,3)犬山市在住の小川儀蔵による「尺八獨稽古」(1891)に掲載されている本曲譜と酷似していること,4)現在の京都明暗寺で演奏されて
いる対山派「恋慕流し」に類似性があることから,この譜は西園流本曲と考えられます.

この本の続編として「歌戀慕」の予告が掲載されています.こちらにも本曲譜が掲載されて
いるのかどうか,可能なら入手してみたいものです.

善積蓼村の本曲譜の解説

由來尺八の本曲に戀慕ながしなるもの無し,されど中世一節切の名手にして一思庵と云へる人そが本曲十二曲を創作なせし中に戀慕曲あり,既に一節切と尺八と器其ものゝ類似をを見ると共に尺八の本曲鈴慕流の訓音自ら戀慕流に似通へるより,俗謡或は院本等皆相混同して傳ふるに至れるなり,今日關西に用ひらるゝ尺八の戀慕流は,或は一節切の戀慕曲に胚胎せし後世の作にや,琴古流の本曲には固より尺八の正系を受けたる流派に嘗て見ざれば,爰[ここ]に巻頭に出せしは名古屋地方に行はるゝ戀慕流を我が琴古風に飜案せしなり,余固より斯道に熟達せるものにあらざれば,殆ど其曲を成さゞるを危ぶむ,斯道の大家願はくは斧正の勞を惜み給ふなかれ,

子の年五月                             蓼 村 生 識

Renbo01  Renbo06

Renbo05

| | コメント (0)

寺内直子「雅楽を聴く 響きの庭への誘い」

寺内直子(2011)「雅楽を聴く 響きの庭への誘い」岩波新書

Gagaku_s1

本書によって日本の雅楽の歴史をおおざっぱに言えば次のようになります.中国の「雅楽」は儒教に基づく音楽で,これは日本には伝わりませんでした.中国にはこれとは別に古くから世俗的な音楽「俗楽」と西域の音楽「胡楽」があり,唐代にこれらが融合されて宮廷の饗宴に用いる「燕楽」ができました.燕楽には中国とその周辺諸国の様々な楽器が用いられました.日本にはこの燕楽が伝わりました.日本では固有の起源をもつと考えられる国内各地に神道系の歌舞があり,これが渡来音楽と共に宮廷を中心として伝承された.日本では奈良時代まで多種多様な楽器がつかわれていましたが,9世紀の平安時代になると,次第に重複が省かれ,日本人の好みに合った編成に淘汰されました.この過程で平安時代中期までに尺八が雅楽から消えました.

一方,雅楽の特性として,著者は雅楽が基本的に屋外または屋外に通じる開かれた空間で演奏されるものとして,室内の閉じた空間で演奏される音楽と異なり,演奏の場(トポス)の重要性を指摘しています.演奏の立体性の効果だけでなく,演奏の周囲の様々な音や,聴衆の雑音もが(さらに話し声までもがが雅楽の形成と発展に影響し,演奏本体とトポスが相互の関係をもって雅楽が変容していくものと考えています.

さて,これがとても刺激的な指摘だったものですから,私はこれに触発されて今年5月に知人と人工の音がほとんど聞こえない山里で尺八を吹いてきました.静けさに慣れた耳には騒がしくも豊かに鳴き交わす鳥の声を背景に,私たちの尺八の音は林の木々に反響するという,とても気持ちのよい体験ができました.

| | コメント (0)

善養寺氏演奏会

虚無尺八

2013年10月3日
津田ホール(東京都渋谷区千駄ヶ谷)

賛助出演:藤井昭子(歌・三弦)


一朝軒「吾妻の曲」

根笹派錦風流「裏調子 調・下り葉」

神如道「無住心曲」

峰崎勾当「雪」(尺八古典本曲打合せ)


2013_10_031 2013_10_032

| | コメント (0)

善養寺氏演奏会

善養寺氏の演奏会がありました.

聴衆50人ほどの小さい会場でのライブ録音を目的とした演奏会でした.
少しも音を立ててはいけないと,聴いている私もとても緊張しました.

2013年9月8日(日)
THE GLEE (新宿区神楽坂)

 

根笹派錦風流「通り・門付け・鉢返し」
松巌軒「鈴慕」
越後明暗寺「三谷」
琴古流「鹿の遠音」
普大寺「調子」
普大寺「虚空」
一朝軒「吾妻の曲」

2013_09_08

| | コメント (0)

宮城道雄記念館

東京の新宿区に行き,神楽坂をぶらぶらと歩いていたら,宮城道雄記念館に行き当たりました.

残念ながら休館日でしたので,外観のみです.

01 02 03

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »