« 志村哲「地無し尺八の可能性  ~祈りから未来へ~」 | トップページ | 越後妻有にて »

弦間耕一(2013)「<改訂>甲州の虚無僧 聖と俗の世界」

山梨県笛吹市の郷土史家弦間耕一氏が乙黒明暗寺について一冊の本をまとめられました.
この本に資料を提供された葛山幻海氏からご紹介いただき,早速入手しました.
今年の4月30日に発行されたばかりの本です.

まだ,ななめ読み程度で,詳しくまだ読んでいないものの,乙黒明暗寺にかかわる具体的な人の動きが記述されていることは,さすが地元の郷土史家と感心しました.また,虚無僧の歴史についても,予断なく,これまでの研究成果を踏まえておられて,良いことと思いました.

購入は葛山幻海氏の以下のHPからできることになっています.
  葛山氏HP:購入用ページ

虚無僧の歴史に興味のある方はどうぞ.

01_2

弦間耕一(2013)「<改訂>甲州の虚無僧 聖と俗の世界」甲斐郷土史教育研究会

一 普化宗の変遷
二 普化宗の尺八
三 普化宗の本則(教義)免許
四 普化宗寺院の編成
五 掟書
六 虚無僧の人々
七 虚無僧をめぐる騒動
八 乙黒村明暗寺留場・取締場
九 乙黒村「宗門人別改帳」
十 明暗寺と新宿法身寺
十一 合鑑
十二 補足 資料

|

« 志村哲「地無し尺八の可能性  ~祈りから未来へ~」 | トップページ | 越後妻有にて »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志村哲「地無し尺八の可能性  ~祈りから未来へ~」 | トップページ | 越後妻有にて »