« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »

野口米次郎(1947)「春信」

国立国会図書館で公開されている資料です.

野口米次郎「春信」
1947年 京都印書館
(著作権保護期間満了)

Noguchi11
鈴木春信(1725~1770)は江戸時代中期の浮世絵師

この本は1947年という,終戦直後に発行された春信の画集です.掲載された浮世絵の一枚に女性が尺八を吹いているものがありました.

前後の浮世絵をみても,当時の風俗を写したというよりは,そうあったらいいなという絵なのではないかと思います.この女性の風体がわからないのですが,着物の種類や,髪型から身分や職業(?)などが推定できるでしょうか?

Noguchi02

| | コメント (0)

瀬川光行編(1900)「日本之名勝」

国立国会図書館で公開されている文献です.

瀬川光行編「日本之名勝」
1900年(明治33年) 史伝編纂所
(著作権保護期間満了)

Segawa01

虚無僧の写真が掲載されています.

 序文によれば,「近年歐米觀光の客、來つて我が風物山川の秀を賞し、大社古刹の美を探ぐるもの、年々多きを加え、今や周年の數實に千を以つて算ふるに及ぶ」が,これまで日本を紹介する文献が無かったので,「觀光に志ある者、之に就て我が國美の一斑を知り、延きて其の全貌を察するの資と」するために本書を上程したと,のことです.このため,半分程度の写真には簡単な説明が書かれていて,さらにその一部には英文の訳文が付されています.1900年(明治33年)の英文ですが,きれいな英文です.

 また,序文にはこれに加えて,本書を「吾國縉紳の應接室に於て、主客の對談の清興を幇けんとするもの」にもしてほしいとの希望も書かれていす.

 虚無僧の写真には,特段の説明は書かれていませんが,大阪の項に出てきます.この写真は時々見ますが,これが原版なのでしょうか? 虚無僧が下げている偈箱には4文字が書かれています.読めませんが最後の一文字は「會」です.ひょっとすると,手前の明るい色の虚無僧は女性かもしれません.

Segawa02

| | コメント (0)

見てみたい古書

私に必要かどうかわかりませんが,見てみたい本のリストです.
整理はできていませんし,網羅しているかどうかも分かりません.
たぶん,もっとありますが,とりあえず今のところのリストです.
重複もありますが,その確認もしていません.

小川儀蔵    (1891)    尺八独稽古、   
金城堂        (1892)    尺八指南、金城堂
青木嵩山堂    (1893)    独習尺八楽譜唱歌集、青木嵩山堂
横江慶次郎    (1893)    尺八曲譜集、   
上田捨吉    (1893)    尺八独稽古、   
野田勝次    (1894)    尺八手引草、   
矢島誠進堂    (1895)    尺八独案内、矢島誠進堂
岩津庄兵衛    (1897)    一閑流尺八本曲独習解、愛知堂、
矢島誠進堂    (1898)    尺八雑曲集、矢島誠進堂
岡本偉業館    (1898)    尺八独稽古、岡本偉業館
竹声会        (1903)    尺八之栞、竹声会
竹琳軒        (1908)    尺八音譜解説、竹琳軒
津田峰子    (1909)    明笛尺八独習、修学堂、
林盛林堂    (1909)    尺八独習自在、林盛林堂
永田栄一    (1910)    尺八音譜解説、
明誠館        (1910)    尺八独習初歩、明誠館
井上一書堂    (1910)    新曲尺八独奏、井上一書堂
野田桂華    (1910)    尺八独稽古、立川文明堂〔ほか〕、
松風会尺八指南所(1910)    松風会尺八音譜、松風会尺八指南所
吉村敦        (1911)    琴古流尺八音譜、共益商社、
鎗田倉之助等    (1911)    琴古流尺八外曲楽譜、天香閣書房、
琴古流尺八研究会(1911)    琴古流尺八楽譜(第1~9集)、琴古流尺八研究会
銀杏楽会尺八研究所    (1911)    琴古流尺八新曲音譜、銀杏楽会尺八研究所
松風会        (1911)    孤山流尺八入門、松風会
東京尺八講習会    (1911)    尺八音譜集、東京尺八講習会
東京尺八講習会    (1911)    尺八音譜集(第3編(雑曲集))、東京尺八講習会
若原孫四郎    (1911)    孤山流尺八音譜、   
琴古流尺八研究会(1911)    琴古流尺八楽譜(第1-9集)    、琴古流尺八研究会
東京尺八講習会    (1911)    尺八楽譜、東京尺八講習会
東京尺八講習会    (1911)    尺八音譜集、東京尺八講習会
松風会尺八指南所(1912)    孤山流尺八音譜、松風会尺八指南所
東京尺八講習会    (1912)    尺八独案内、東京尺八講習会
川瀬順輔等    (1912)    尺八曲譜、
関西音楽会    (1913)    尺八独奏、関西音楽会
極道酔人    (1913)    尺八雑曲集、   
極道粋人    (1913)    尺八音譜集(第1編)、   
水野郁道    (1913)    尺八早まなび、   
若原孤山    (1913)    孤山流尺八入門、   
若原孤山    (1913)    尺八音譜、   
町田桜園    (1914)    尺八独習、   
古海静湖    (1914)    尺八独案内、   
井関外雅    (1914)    尺八俗曲集、   
井関外雅    (1914)    尺八音譜(第4編ほか)、
安富美弥    (1915)    西園流尺八楽譜略解、   
普化教会    (1915)    尺八独習案内、普化教会
奥村恒夫    (1915)    尺八音譜俗曲(第2集)、   
安福美弥    (1915)    西園流尺八楽譜箏曲、   
木村如心    (1915)    琴古流尺八本曲の栞、   
石井如月    (1916)    尺八教本、
小林紫山    (1916)    明暗尺八解、   
若原孤山    (1916)    孤山流尺八音譜、   
竹風会        (1916)    竹風会尺八音譜(春の寿)、竹風会
尺八研究会    (1917)    尺八新式独習録、尺八研究会
鈴木霞山    (1917)    尺八独習案内(第2編)、   
甲賀夢仙    (1917)    尺八音譜横槌、   
栗原広太    (1918)    尺八史考、   
藤田俊一    (1919)    尺八通解、   
市村富久    (1919)    尺八小史、   
上田芳憧    (1919)    尺八講義(第1編)    、   
井関外雅    (1920)    外雅流尺八楽解説、   
宇田川孝童,尺八教授会    (1920)    琴古流尺八講義、尺八教授会
東京尺八研究会    (1921)    正則尺八吹奏講義録、東京尺八研究会
小林紫山    (1921)    尺八秘義、   
        (1921)    琴古流尺八楽譜集(生田流天之巻)    、   
高松信十郎    (1922)    尺八上田流史(第1巻)    、   
川瀬牧童    (1923)    正則尺八の学び方、   
上田芳憧    (1926)    上田流尺八手引、   
西野錦城    (1926)    尺八独習、   
沼崎鶴        (1926)    琴古流尺八講義録、   
大日本家庭音楽会(1926)    尺八講義録(第1編)、大日本家庭音楽会
大日本家庭音楽会(1926)    尺八講義録(第3編)、大日本家庭音楽会
内山嶺月    (1972)    錦風流尺八本曲伝―根笹派大音笹流    、   
富森虚山    (1975)    滝落―随想漫筆、
樋口対山、稲垣衣白    (1976)    樋口対山遺譜―明暗教会訳教    、   
勝浦正山、稲垣衣白、出井静山、高橋呂竹    (1977)    勝浦正山遺譜    、   
豊島正雄    (1978)    大本山国泰寺妙音会虚無僧尺八談議    、   
山本守秀    (1981)    虚鐸伝記国字解〈3巻〉    、   
谷北無竹、稲垣衣白    (1981)    明暗三十七世谷北無竹集―対山譜拾遺    、   
今井宏泉    (1984)    素浪人塚本竹甫―尺八に生き、酒を愛した男の生涯    、   

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »