« 中山啓「詩集 火星」 | トップページ | 巌谷小波編「少年日露戰史」 »

人形浄瑠璃「阿弥陀胸割」

01

上越教育大学が主催した人形浄瑠璃公演「阿弥陀胸割」を見てきました.

台本だけが残っている演目の復活公演だそうです.

古代インドに設定した話ですが,江戸時代の演者(=人形),舞台設定も江戸時代,という,奇妙といえば奇妙な上演です.人形浄瑠璃はこういうものなのでしょう.ストーリーは仏教と中国の忠孝思想のミックスに基づくもので,まぁ,ありへんやろ,という展開ですから,公演全体が奇想天外なものになっているのですが・・・・・

しかし,それにもかかわらず結構な説得力があって,しかも楽しいのはどうしてなんでしょうか.それこそが,伝統芸能の力なのかと思います.

|

« 中山啓「詩集 火星」 | トップページ | 巌谷小波編「少年日露戰史」 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山啓「詩集 火星」 | トップページ | 巌谷小波編「少年日露戰史」 »