« 巌谷小波編「少年日露戰史」 | トップページ | 見てみたい古書 »

ヨウネン社編纂(1927)「文部省認定 日露戦役物語」

国立国会図書館で公開されている文献です.

ヨウネン社編纂(1927)「文部省認定 課外讀本 學級文庫 日露戦役物語」ヨウネン社
(著作権保護期間満了)

1  2

日露戦争開戦直後の仁川の戦いでの日本の勝利の際の逸話に尺八がでてきます.「六,風流艦長の尺八」に書かれています.

開戦直後の朝鮮半島の仁川港付近の交戦の話です.ロシア艦,ワリヤーグとコレーツが停泊していた仁川港に日本艦隊が近づき,これに対しロシア艦から発砲があったために日本艦隊も応戦し35分位の交戦の後,ロシアの両艦が撃沈されたという話です.

ワリヤークと日本艦隊の交戦が始まってからも,浅間の艦橋では,浅間の参戦を待たせて艦長の八代六郎大佐が尺八で「千鳥(の曲)」を悠然と尺八を吹いていたことになっています.「千鳥(の曲)」を吹き終えた丁度その時に,ワリヤークが近距離に迫ってきていたので,八代大佐は同艦にむけて攻撃命令をだしました.

なかなか理解の難しい話です.名手の尺八の音色が「實に絶妙蘊奥(うんあう)を極めてゐる」のは容易に同意できるのですが,この状況で地唄の「千鳥(の曲)」が「嚠喨(りうれう)たる尺八の妙音」として聞こえるかどうかが大きな疑問です.状況と曲想があまりに違うのではないかと感じます.著者は尺八の音は聴いたことがあっても「千鳥(の曲)」は聴いたことがないのではないかと思ってしまいました.

また,交戦が始まっている中で,参戦のタイミングを見計らいながら尺八を吹くという行為について,「部下一同は今更乍ら大佐の廣大なる度量とその心事の床しさに感じる入」ったという記述ですが,私にはとても理解できません.

この逸話がフィクションかノンフィクションかを考察する意味はほとんど無いと思います.重要なことは,交戦時の砲弾が飛び交う中で嚠喨たる響きの尺八を吹くという人物に廣大なる度量を感じるという読者の受け皿が,この時代にはあったということだろうと思います.

なお,この本の冒頭部分は近代日本の歴史認識として非常に面白い書き出しになっています.私は平和運動とか反戦運動とは程遠い立場ですが,そんな私が読んでも唖然とする記述です.このblogは平和・反戦を論ずる場にはしませんのでこれ以上は書きませんが,日本人の常識を考える上では一読の価値があります.

|

« 巌谷小波編「少年日露戰史」 | トップページ | 見てみたい古書 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巌谷小波編「少年日露戰史」 | トップページ | 見てみたい古書 »