« 「明暗流洞簫譜 ■月調」(1924) | トップページ | 安福呉山「西園流の始祖兼友西園 »

暗流洞簫譜 露月調

前回の「暗流洞簫譜」について,ろめいさんからコメントをいただきました.フホウエ式の記述で,また明暗流を称しているのであれば,津野田露月の譜ではないかというものです.

そこで,紙が傷んでいて読めなかった表紙の一文字(「■月調」)をもう一度よく調べてみました.■の字の上の部分は「あめかんむり」で,これは明確です.下の部分がわからないのですが,本文の文字と比較してみると,本人の書き癖から判断して,右下の部分が「口(くち)」みたいに見えます.とすると,「■月調」は「露月調」である可能性が非常に高いと思われます.ここで「調」の文字が使われている意味が判りませんが,本文の文字との比較で「調」の文字であることに間違いはありません.

01

また,実は,この本の出所は熊本市です.

以上を勘案すると,津野田露月の譜と考えてほぼ間違いなさそうです.本人の筆写かどうかは本人と確定されている字と比較しなければ判断できませんが,この本の筆致が尺八譜の記述に非常に慣れたものですので,本人筆である可能性は高いと思います.

ということで,(マニアックな意味で)重要な譜本を入手してしまいました.

津野田露月は1875に生まれ1958年に熊本で没.岡本竹外(1999)「根笹派錦風流伝曲と越後明暗時秘曲など」に思い出話が書かれています.また私は確認していませんが,富森虚山「明暗尺八通解」にも記述があるようです.

|

« 「明暗流洞簫譜 ■月調」(1924) | トップページ | 安福呉山「西園流の始祖兼友西園 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「明暗流洞簫譜 ■月調」(1924) | トップページ | 安福呉山「西園流の始祖兼友西園 »