« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

安福呉山「西園流の始祖兼友西園

西園流を起こした兼友西園についての記事を見つけました.
1927年(昭和2年)に名古屋で発行された月刊文芸誌「紙魚(しみ)」の記事です.

安福呉山(遺稿)(1927)「西園流の始祖兼友西園」紙魚 第14冊

Shimi_s

筆者の没年が記載されていて,それによれば著作権が消滅していることが明らかですので,以下に書き写します.

 古來名古屋は藝所であり,又それだけに各方面に亘つて名人偉人を多く出してゐる。筝曲に於ける吉澤檢校の如き其天才的作曲は單に當時の斯界を風靡したるに止まらず,現在も名曲として全國に持て囃されて居る。古今千鳥の曲こを寺澤檢校の作曲である。
 琴と尺八は親類筋,その尺八にも又吉澤と併稱すべき名人を出して居る。兼友西園其人で,共に我中京の誇であり,永遠に邦樂史上に偉彩を放つものであると思ふ。
 氏は本名を兼友彌曾左衛門盛延と云つた。西園は號であつて盛延の音讀セイエンより來たものらしい。家は代々菅原町眠光院西隣に住し砥屋を業とした。淸州越二十七人衆の一人,千石船五艘の持主であつたと云ふから,可成の資産家に生れた譯であるが,物質に執着せず,終始尺八に一貫した氏の晩年は赤貧洗ふが如きものであつたと云ふ。
 其門下からは,明暗流創始者を以て鳴る樋口對山,内田紫山等の秀才を出してゐる。此人に依つて,現在の西園流は生れたもので,将來全國的に發展する可能性を持つて居る。
 幼少より尺八を好んだ氏は,遠州普大寺の虚無僧,梅山玉童の兩氏に就てより,其技大いに進み,遥に兩氏を凌駕したのと事で,習得した曲は本曲十一曲に過ぎなかつたけれども是に依つて得た知識は廣大なものであつた。當時,尺八と糸曲との合奏が完成されて居らぬ時代に,自信を以て,猛然合奏研究に精進し,後人の爲に其範を垂れたものである。一体に性質が恬淡無慾であり,頑固一徹である氏は無暗矢鱈にどの曲にも手附すると云ふのでなかつた爲,其曲數は少なかつたが,其半面に其手附は研究され洗練されたものであつた。
 氏の逸話は澤山あるが,其内一二を摘記すれば・・・・・現在榮町に巍々として聳え立つ十一屋呉服店に,懇望せられて養嗣子となつた幸運の位置青年兼友西園,不相變得意の尺八に浮身をやつして商賣には無關心,今日も朝から虚空の一曲に,尺八三昧,陶然と吹き終るや,鋭敏な彼の鼓膜を驚かしたものは隣室にさゝやく番頭の聲であつた。
「アア又尺八か・・・・・大商店の・嗣子ともあろふものが」と云ふ嘆息の聲である。氏は即日家出した・・・・・愛管を手にして・・・・・そして使者を以て再三復縁を迫られても斷然之に應ぜず,遂に尺八専門家として細き煙を立てるに至つたのである。
 老後,魚の棚などから,高貴の方々の招聘があつても應ぜず,家計等は一切無頓着で,妻女おこうさんの心勞も普通大低[ママ]ではなかつたらしい。米錢はもとより薄茶三匁買ふ事さ出來ぬ折にも,平然尺八を吹いてゐたとの事。
 明治二十八年三月二十一日,享年七十八を以て他界した法名を宮外韻商居士と云ふ。内田紫山,樋口孝道兩氏發起に依り大光院に碑を建立,後移されて今は東郊覺王山にある。

編集後記に記された筆者の安福呉山氏についての記述です.

安福呉山氏の西園流の始祖兼友西園の稿は早く頂いたのだが,別に計劃する所あり,今日までその機會を待つてゐたところ,氏は突然十月九日に永眠された。そしてこれが氏の遺稿となつた。氏は市内中區金澤町に住し師西園の流れを汲み尺八西園流の宗家として斯界に重きをなしてゐたが,年齒[ママ]わづかに三十八にしてこの訃に接した。哀悼の念に堪へない。

| | コメント (0)

暗流洞簫譜 露月調

前回の「暗流洞簫譜」について,ろめいさんからコメントをいただきました.フホウエ式の記述で,また明暗流を称しているのであれば,津野田露月の譜ではないかというものです.

そこで,紙が傷んでいて読めなかった表紙の一文字(「■月調」)をもう一度よく調べてみました.■の字の上の部分は「あめかんむり」で,これは明確です.下の部分がわからないのですが,本文の文字と比較してみると,本人の書き癖から判断して,右下の部分が「口(くち)」みたいに見えます.とすると,「■月調」は「露月調」である可能性が非常に高いと思われます.ここで「調」の文字が使われている意味が判りませんが,本文の文字との比較で「調」の文字であることに間違いはありません.

01

また,実は,この本の出所は熊本市です.

以上を勘案すると,津野田露月の譜と考えてほぼ間違いなさそうです.本人の筆写かどうかは本人と確定されている字と比較しなければ判断できませんが,この本の筆致が尺八譜の記述に非常に慣れたものですので,本人筆である可能性は高いと思います.

ということで,(マニアックな意味で)重要な譜本を入手してしまいました.

津野田露月は1875に生まれ1958年に熊本で没.岡本竹外(1999)「根笹派錦風流伝曲と越後明暗時秘曲など」に思い出話が書かれています.また私は確認していませんが,富森虚山「明暗尺八通解」にも記述があるようです.

| | コメント (0)

「明暗流洞簫譜 ■月調」(1924)

古書店でこの譜本を見つけて入手しました.

01s

毛筆での書写による折本の譜です.日付は「大正十三年五月」とあります.後半の半分は空白ですので,書写の途中だったかもしれませんが,日付があるところを見ると,これで書写の区切りだったのかもしれません.

譜はフホウエ式.16曲の譜が書かれていて,この内に本曲は「本手調子」「下り葉の曲」「歌戀慕」の三曲.これらの曲の由来は簡単にはわかりませんが,いずれ譜を読んで考えてみたいと思います.時代,記譜法,曲名,記譜された音など,いくつかのヒントはあります.

約90年前の本ですが,保存状態は良好.ただ,表紙に書かれた表題の一文字が削れていて読めません.上に記した■の字です.

筆写は非常な達筆で,しかも尺八譜の記譜にきわめて慣れた方の筆です.

書かれている譜は以下のとおりです.

本手調子
君が代
高い山
琴平船々
琉球節
下り葉の曲(本曲)
黒髪 三下り
鶴の聲 本調子
松盡し 二上り
六段 本調子
歌戀慕 (本曲)
末の契里 三下り
春雨 二上り
越後獅子 端唄 三下り
梅にも春 本調子
秋の夜 本調子

Choshi_s  Sagariha_s  Utarenbo_s

(著作権の消滅が不明なので一部のみの掲載にします)

| | コメント (1)

一尺八寸山(みおうやま)

大分県の中津市と日田市の境に「一尺八寸山」という名前の山(706.7m)があります.

「一尺八寸山」と書いて,「みおうやま」と読みます.なぜこのような名前にこの漢字を充てたのか不明ですが,読みと漢字の関係はいくつかの妖怪伝説で説明されているようです.クニの境にあるという意味で,おそらく重要な山だったのだろうと思います.

伝説は伝説として,「一尺八寸」に何か霊的意味があったのでしょうか?

| | コメント (0)

若原孤山(1913)「孤山流尺八音譜 本曲天籟・滝の音」

若原孤山(1913)「孤山流尺八音譜 本曲天籟・滝の音」孤山流尺八指南所
(文化庁長官裁定による公開)

国立国会図書館で公開されている文献です.

Photo

この譜本は1916年(大正2年)1月に岡山市の若原孫四郎(孤山)よって孤山流指南所から発行された本曲譜です.

「天籟」と「瀧の音」の2曲の譜が掲載されています.緒言も解説も無いところをみると,多くの譜が出版されたうちの一つでしょう.実際,古書店を検索してみると孤山流からは地唄を含めて多くの出版の記録があります.

「天籟」は,「虚鈴」に前奏を付け,また間奏を挿入したものです.この前奏と間奏はおそらく孤山流の創作でしょう.「瀧の音」は対山派などの「瀧落」「瀧落の曲」の冒頭部分と終曲部分の間に,おそらく孤山流の創作と思われる間奏を挿入したものです.

日本の伝統的な「編曲」はこういう形で行われるであろうと思われる典型的な「編曲」です.創作された部分は,やや派手目の手となっています.伝統曲をこの時代の雰囲気と流派の感性に合わせて「編曲」したのでしょう.

| | コメント (0)

鹿児島県さつま町の大石神社の「虚無僧踊り」

9月17日付の南日本新聞によれば9月16日に鹿児島県さつま町中津川にある大石神社で「金吾様踊り」が奉納されたそうです.

いくつかの集落がそれぞれの踊りを奉納するのですが,その一つに「虚無僧踊り」があるそうです.

旧島津藩の多くの地域には,棒踊りの一つとして「虚無僧踊り」が伝えられています.これもその一つです.

南日本新聞:泥跳ね上げ熱演 さつま町中津川で「金吾様踊り」

| | コメント (0)

北条天満神社「虚無僧塚」(姫路市)

姫路市の「虚無僧塚」を見てきました.

姫路市のJR姫路駅の南東,徒歩5分くらいのところに北条天満神社があり,その参道入り口に「虚無僧塚」の石碑があります.

この地域に残された伝説は以下の通りです.

「平安時代中期のこのあたりは竹藪となっていて,そこには八つ目イタチという妖怪が住んでいて,田畑を荒らしたり,毎年人身御供を求めたりして村人を苦しめていた.ある年,この地を訪れた音連れた諸国行脚の虚無僧がこの妖怪を退治した.村人はこの虚無僧を大恩人としてこの地にとどめ,天寿を全うした場所である虚無僧山に塚を建てた.」

当然ながら平安時代に虚無僧はいませんのでこれは後日の説話です.私はこの伝説を以下のように読みました.

「村の近くに盗賊が住み着いて,村を襲い収穫物を奪ったり人さらいをした.そこに流浪の浪人がやってきて盗賊を退治した.村人はこの浪人を手厚く敬った.」

説話自体は,虚無僧が定着した江戸時代中期以降に作られたものでしょう.

P9160012  P9160008

参考
広報ひめじ2008年9月6日号
虚無僧塚石碑の裏に書かれた由来記

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »