« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

虚無僧寺「円法寺」(群馬県沼田市)

群馬県沼田市の円法寺跡に行ってきました.

沼田市は利根川水系の河岸段丘の上に旧沼田城を中心にしてできていた町です.この市街地のはずれに虚無僧寺円法寺がありました.

下之町誌編纂委員会(2008)「沼田下之町誌」の記述を要約すると以下になります.利根川沿いの街道から沼田市街に上って入る坂道が滝坂で,その坂を登った場所,市街地の入口に滝坂門がありました.滝坂の中途に弁財天宮という神社と円法寺が隣接していました.円法寺については記録がほとんど残っていないため詳しいことがわからないようですが,子持村浄水寺の僧が円法寺の住職を兼ねていたことがあったとの記録があるようです.

浄水寺は虚無僧寺ですから,この円法寺も虚無僧寺とみて間違いないでしょう.円法寺は弁財天宮の別当寺(神仏習合時代に神社を管理した寺)だったのようです.奇妙に感じますが,虚無僧寺が別当寺だった例として,神奈川県伊勢原市の虚無僧寺伊勢原神宮寺があります.筑波山にあった虚無僧寺古通寺は神仏習合の筑波山神社に隣接して存在しました.周縁的宗派としてこのようなことになっていたのかと思います.

P8140024s  P8140025s

この常夜燈は,沼田市教育委員会によれば円法寺の境内にあったものですが,上記「沼田下之町誌」によれば弁財天宮の境内にあったとのことです.現在は市役所前,市立図書館横の神社「神明宮」の鳥居横に設置されています.

P8140033s

この坂が滝坂で,この坂の中ほど,おそらくこの写真の奥あたりに弁財天宮と円法寺があったものと思われます.

参考文献
下之町誌編纂委員会(2008)「沼田下之町誌」沼田市下之町発行
岡田冨士夫(2001)「虚無僧の謎 -吹禅の心」秋田出版社

| | コメント (0)

東京美術学校編「南都十大寺大鏡 12輯」

東京美術学校編「南都十大寺大鏡 12輯」
1934年(昭和9年)  大塚巧芸社
(著作権保護期間満了)

国立国会図書館のHPで公開されています.

この尺八の写真は東京国立博物館のホームページの収蔵物検索ページ「e國寳」で見られます.この検索ページの法隆寺献納宝物の中に「尺八1管  竹製  奈良時代・8世紀(N-104)」として表示されていて,鮮明なカラー写真が見られます.

奈良帝室博物館編(1922年)「法隆寺寶物集 第1-34輯」のうち第20輯にも記載がありますが,残念ながら写真は不鮮明で,また詳細な記述もありません.

Photo

この本の解説文では,聖徳太子が「蘇莫者」という曲を演奏したという伝説が引用されていますが,その尺八とこの尺八との関係は記されていません.東大寺蔵品も含めて奈良時代の尺八の中では最も古いものと推定しています.

四三 御物 漢竹尺八
               長 一尺四寸六分五厘

 古今目録抄に云ふ次尺八漢竹也太子此笛自法隆寺天王寺へ御之道椎坂ニシテ蘇莫者樂吹給之時山神御笛二目出御後ニシテ舞ケリ
 太子奇見返受山給奉見怖指出舌其樣舞傳天王寺舞之今云蘇莫者也と,天平勝寶八歳の東大寺献物帖には玉尺八一管,尺八一管,樺纏尺八一管,刻尺八一管と見 ゆ,その他西大寺資財帳,源氏物語等皆その名を録するを見れば,夙に吹奏愛翫せられたるを知るべし,就中その最古の遺品としては御府の蔵を推さゞるを得ざ るなり,その長さは曲尺の一尺四寸有餘にして即唐代の小一尺八寸に相當す,所謂長笛よりは短きを以て短笛とも稱せられ,又尺八の稱ある所以なり.


PLATE 43. Shakukhachi (BAMBOO FLUTE)
                  Length, 1ft. 5 in.
As the name shakuhachi is mentioned in certain documents of Nara epoch, it must have been played in general in those days. The present specimen is the oldest extant bamboo flute of that time. In length it is about seventeen inches or eight Tang inches according to the shorter measure of the age. Hence it is generally called a shorter flute or shakuhachi.


訳:
写真 43. 尺八(竹製の笛)
              長さ 1フィート5インチ
尺八という名称が奈良時代のいくつかの文献に書かれているとおり,当時は一般に演奏されていたと考えられる.この尺八は現存する当時の竹製尺八の中でも最 も古いものである.長さはおおよそ17インチであり,これは唐時代の小一尺八寸に相当する.したがってこれは一般に短笛または尺八と呼ばれた.

Photo_3

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »