« 葛飾北斎 (承前) | トップページ | 日置昌一(1936)「日本系譜綜覧」改造社 »

和歌山縣知事官房統計課(1932)「旅は紀州路」和歌山縣

和歌山縣知事官房統計課(1932)「旅は紀州路」和歌山縣

1932年10月25日発行(著作権保護期間満了)

国立国会図書館の蔵書です.

1932年(昭和7年)に和歌山県庁が編集して発行した和歌山県のいわば公式ガイドブック.
同年に紀勢鉄道が大阪から田辺市(紀伊田辺駅)まで開通しました.おそらくそれを記念して,大阪からの観光客を呼び寄せようという意図だろうと思います.

48ページのこの本には,和歌山県内の名所旧跡観光地の説明があり,その中に興国寺の記述があり,虚無僧の寺として紹介されています.

Photo

はしがき

[前略]いままで比較的交通に惠まれなかつたため紀州の風向に絶大の憧れを持ちながら行く得ぬ人も多かつたであらう.しかしながら今や紀勢鐵道は湯花(ゆのはな)の香りただよう田邊まで開通した.[中略]史蹟と傳説の國紀州に足を運ばうではありませんか.


虚無僧の本寺 興國寺

興國寺 紀勢鐵道由良驛の近くにある,臨濟宗で興國元年後村上天皇より賜ふた地名である法燈國師の開基で尺八を業とする虚無僧を大唐より召され歸朝し給ふた故に虚無僧の本寺として知られてゐる許りでなく佛象の中には國寶に指定せられたものもある.

|

« 葛飾北斎 (承前) | トップページ | 日置昌一(1936)「日本系譜綜覧」改造社 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葛飾北斎 (承前) | トップページ | 日置昌一(1936)「日本系譜綜覧」改造社 »