« 北原白秋(1810頃) 「東京景物詩及其他」 | トップページ | 鈴木孝道「尺八獨習自在 全 (第三版)」 »

古書5冊を入手(詳細は後日)

以下の5冊の本を入手しました.

入手した本の詳細は後日に.

  購入した古本屋さんから,大震災についてのメッセージをいただきました.
  いろいろな方が各地で苦労され,努力されています.
  皆さん,心を一つにして,未来を信じて歩きましょう.


鈴木孝山(對山)(1893)「尺八獨習自在 全 (第三版)」
  (おそらく,「第三版」は「第三刷」の意味だろうと思います)

1890年(明治23年)年に明暗教会が結成され,その3年後の出版です.
曲譜集の最後に本曲「巣鶴曲」が掲載されています.

Suzuki__s_2

 

音楽芸術:以下の4冊

1963_08_s_3    1963_05_s_2   1984_09_s   1987_10_s

1963年5月号 特集:日本の伝統と現代 2
日本の作曲1世紀の歩み
 揺籃期の作曲界 明治-昭和初期・・・・・諸井三郎
 戦前の作曲界 新興作曲家連盟を中心として・・・・・清瀬保二
 戦後の作曲界・・・・・富樫康
日本の作曲を育てた人たち
 信時潔先生をめぐって・・・・・長谷川良夫
 諸井三郎先生について・・・・・入野義朗
 伊福部昭という人・・・・・松村禎三

1963年8月号 特集:日本の伝統と現代 3
日本の音素材をいかに生かすか
 技法と民謡・・・・・小倉朗
 日本音階による作曲 主として和音について・・・・・小山清茂
 日本音階について 私の体験・・・・・清瀬保二

1984年9月号 特集:伝統楽器と創作
伝統楽器創作活動の軌跡 邦楽の近代化から国立劇場委嘱まで・・・・・山川直治
座談会・日本の伝統的素材による創作の意味を語る・・・・・一柳慧・間宮芳生・諸井誠・丹羽正明
武満徹《秋庭歌・一具》における雅楽 おもに四十八年作曲の部分について・・・・・木戸敏郎
広瀬量平《尺八協奏曲》における尺八 「回帰」としてではなく・・・・・広瀬量平
諸井誠《竹籟五章》における尺八・・・・・矢野暢
石井眞木《モノプリズム》における和太鼓・・・・・柿沼敏江
三木稔《破の曲》における二十絃箏・・・・・石田一志
長沢勝俊《三味線協奏曲》における三味線・・・・・茂手木潔子

1987年10月号 特集:日本の音・日本の響き
日本の音への新しい視点・・・・・木戸敏郎
邦楽と私・・・・・田辺秀雄
生きている鏡 伝統音楽の可能性・・・・・菅野由弘
伝統音楽への郷愁・・・・雑喉潤
音楽教育の中の伝統音楽 文化教育として学術・実践のチーム・ティーチングを・・・・・柿木吾郎

|

« 北原白秋(1810頃) 「東京景物詩及其他」 | トップページ | 鈴木孝道「尺八獨習自在 全 (第三版)」 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

鈴木孝道の本、読んでみおたいです。

投稿: ろめい | 2011年5月 1日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北原白秋(1810頃) 「東京景物詩及其他」 | トップページ | 鈴木孝道「尺八獨習自在 全 (第三版)」 »