« 小林紫山「明暗尺八解」 | トップページ | 「あおげば尊し」の原曲 »

大村如心(1915)「琴古流尺八本曲の栞」

国会図書館の蔵書から大村如心「琴古流尺八本曲の栞」を得て,その一部を私のHPにアップしました.

大村如心「琴古流尺八本曲の栞」
1915年(大正4年)前川合名会社
著作権保護期間満了

緒言によれば,このころ(大正時代初期)に本曲の学習を希望するものが増えたのだけれど,本曲譜の発行が無いので一連の本曲譜を刊行することにしたが,その前にこの本で解説を書くということです.出版予定の本曲のリストが巻末に書かれていて,琴古流本曲の総てを発刊する予定のようです.

運指が詳しく書かれてますが,やはり,半音は指での半開で行う事になっています.一方,この図の説明として,「氣息の入れ方と指運法及び唇の工合によりて諸有の音をだす」として,運指表以外の音の存在も指摘しています.

メリは「半音又は半音以上を下げて奏する」として明確に音程が示されています.一方,カリも「半音又は半音以上を上げて奏する」としていますが,カリで半音以上の音程を上げるのはほぼ不可能ですから,この「半音」と「半音以上」が12音音階での「半音」と「半音以上」に相当するかどうかはこの解説からだけでは確定できません.また,ナヤシは「半音」下から摺り上げるとしていますが,指で半音下げることにしています.

Oomura1  Oomura5_2

|

« 小林紫山「明暗尺八解」 | トップページ | 「あおげば尊し」の原曲 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小林紫山「明暗尺八解」 | トップページ | 「あおげば尊し」の原曲 »