« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

ところで

わずかな時間の,しかし,この世のものとも思えない風景でした.

今日の夕焼けです.

P1010003s_3

| | コメント (0)

永井荷風「書かでもの記」(1918年)

青空文庫に掲載されている永井荷風の自伝的な随筆です.

その冒頭部分です.

身をせめて深く懺悔(ざんげ)するといふにもあらず、唯臆面(おくめん)もなく身の耻とすべきことどもみだりに書きしるして、或時は閲歴(えつれき)を語ると号し、或時は思出をつづるなんぞと称(とな)へて文を売り酒沽(か)ふ道に馴れしより、われ既にわが身の上の事としいへば、古き日記のきれはしと共に、尺八(しゃくはち)吹きける十六、七のむかしより、近くは三味線けいこに築地(つきじ)へ通ひしことまでも、何のかのと歯の浮くやうな小理窟つけて物になしたるほどなれば、今となりてはほとほと書くべきことも尽き果てたり。

16~17歳のころから尺八を吹いていたこと,そして最近(30代後半)は三味線も習っていることが書かれています.

その頃[明治32年]わが一番町の書斎に大山吾童(おおやまごどう)とよぶ人しばしば遊びに来りぬ。当時尺八の名人荒木竹翁(あらきちくおう)の門人にて吾童といふはその芸名なり。余もまた久しく浅草代地(あさくさだいち)なる竹翁の家また神田美土代町(かんだみとしろちょう)なる福城可童(ふくしろかどう)のもとに通ひたる事あり度々『鹿(しか)の遠音(とおね)』『月の曲』なぞ吹合せしよりいつとなく懇意になりしなり。

20歳のころまでに荒木竹翁や福城可童に尺八を習い,「鹿の遠音」「月の曲」を演奏していたとのことです.

| | コメント (0)

竹・・・二題

尺八と言えば竹,竹と言えば・・・・

鹿児島県の地方紙「南日本新聞」の記事によれば,鹿児島県さつま町では,「早掘り」のタケノコの出荷が始まったそうです.・・・この記事です・・・「早掘り」と言っても,まだ冬が来ていないのに・・・・孟宗竹は江戸時代に島津藩(現鹿児島県)に持ち込まれた植物と言われています.鹿児島県の孟宗竹は巨大で肉厚です.マダケは普通だったように思いますけど.

竹掘りと言えば,「竹取り」?

文具メーカーのOHTO社から竹軸のボールペン「TAKE TORI」が販売されているのをご存じですか・・・これです・・・・なかなか味わいがあって,愛用しています.尺八愛用家は,是非,使ってください.

05s

| | コメント (0)

安福美彌(1915)「西園流尺八樂譜略解」

国立国会図書館で公開されている本(著作権保護期間満了)です.

1915年(大正4年)発行の本で,西園流で出版された同流楽譜の解説を記載した折本の小冊子です.名古屋の西園流といえば私は虚無僧本曲の古伝を思い出すのですが,この解説冊子は琴・三絃との合奏を主に視野に入れているように思われます.

メリ音については詳細な記載があります.
1.「中メリ音」は半音,「メリ音」は一音低いと,明確に定義しています.
2.「中メリ音」は顎を引くことだけで,「メリ音」は顎を引くことに加え指孔を半開にするとして,それらの発音法を区別しています.
3.上記の「メリ音」の例として,ハ(=リ)のメリ,レのメリが挙げられています.そうであれば,前者はチの半音上,後者はツと同音となるはずです.



不肖此度西園流尺八樂譜を公にせり是に於て其詳解書なかるべならず余始め樂譜と共に其發行をなす豫定なりしも同好諸君に促され曲譜を先にするの止むなきに至る而して本書は樂譜詳解の出づるまで所謂間に合わせに過ぎざるものなり一言を附して樂譜詳解の出版を豫告するものなり

                                     編者識

[中略]

メリ音
尺八は元來五孔を以て種々なる曲を奏するものなり故に前に示したる音のみにては極めて簡易なる曲と雖も之を完全に奏する能はず即[原字は旧字体]ち半音乃至一音低き音即[原字は旧字体]ちメリ音の必要を生ずメリ音に中メリ音メリ音の二種あり中メリ音は本位音(説明の便宜上メリに非ざる音を本位音と稱す)より半音低くメリ音は中メリ音よりも更に半音低き音なり

[中略]

(中メリ音記號)中メリ音を表はすには音名の右肩に○印を附す
  (吹方)右各音を出すには腮を抱へ(引込め)息を弱く吹入るものとす
(メリ音記號)メリ音を表はすには音名の右肩にメ印を附す
  (吹方)其開きたる最高の孔を半月(半開半閉)となし腮を引込め息を弱く吹くへしロ音のみは腮を引込め息を極めて弱く吹入るものとす

カリ音と稱して本位音より少し高く吹場合あり音名右肩にカ印を附す

[以下略]

Tikumei_front

| | コメント (1)

風袋寺の跡地(秋田市)

秋田市にでかける機会があったので,虚無僧寺風袋寺の跡地といわれている場所に行ってきました.秋田市立図書館で「秋田市史」を見ましたが風袋寺の記載はありませんでした.そこで手持ちの資料の,岡田冨士雄 氏の「虚無僧の不思議」に記載されている地図を頼りにしてでかけてきました.詳しい地図が書かれていますが,残念ながら出典が記載されていません.秋田駅近くにある佐竹藩の久保田城址から歩いて40分ほどの所(歩きました),草生津川にかかる面影橋のたもとに行って,写真を撮ってきました.佐竹藩の資料(佐竹史料館発行)によれば,この場所は久保田城の城下町から海岸へ向かう細い道筋にあり,城下町から少し外れた小さな集落になります.

P9260027s  P9260035s  P9260041s

市内にある秋田市民俗芸能伝承館で尺八の展示を見つけました.民謡コーナーでした.その中に民謡尺八の名人「畠山浩蔵」の写真と,川村金声氏の尺八コレクション2管がありました(私は両氏とも存じ上げていません).またSPレコードのコレクションが10枚ほど展示されていました.その内の1枚は尺八伴奏の「秋田追分」で,唄が鳥井森鈴,尺八が菊地淡水でした(またまた,私は両氏とも存じ上げていません).

ところで,秋田県の名物(?)「ババヘラ・アイス」をご存じですか.県内各所に出没するという屋台アイスで,「おばあさん(ばば)」が「へら」で花のシャーベット・アイスを盛り上げてくれるのだそうです.200円です.秋田県人のソウルフードなのでしょうか.

P9250001s  P9250003s

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »