« 萩原朔太郎「流行歌曲について」 | トップページ | 権田保之助(1923)「娯楽業者の群 社会研究」 »

今日この頃

7, 8年前に本曲吹きをめざして尺八の練習を再開したとき,そのときのイメージとしては,尺八一管をカバンの中からさっと取り出して自然に一曲を演奏する,そんなことができたらカッコいいだろうなと思っていました.そして,いつのまにか,演奏の上手下手は別として,概ねそういうことができるようになっています.カバンの中には大体いつも尺八が入っています.

しかし,今になって気付いたことは,一旦そうなっても「さっと取り出して自然に一曲を(気持ちよく)演奏する」という水準を維持するのが,結構大変だということです.日ごろの練習をちょっと休めば演奏の調子は狂うし,レパートリーの中でも演奏・練習回数の少ないものは少し経てば曲の細部がアヤシクなってしまいます.

カッコ良くあるためには,日頃の心がけと努力が必要だということ....

|

« 萩原朔太郎「流行歌曲について」 | トップページ | 権田保之助(1923)「娯楽業者の群 社会研究」 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萩原朔太郎「流行歌曲について」 | トップページ | 権田保之助(1923)「娯楽業者の群 社会研究」 »