« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

琵琶湖周航の歌

少々の必要があって,「琵琶湖周航の歌」の楽譜を作りました.

へ長調の譜が普通のようなので,まずそれで作りましたが(左の譜),それでは一尺八寸管の尺八の音域外のド(C)の音から始まるので,次にレ(D)から始まるト長調の譜を作りました(右の譜).

ト長調の譜では半メリが多くなります.多くは問題ないのですが,シ(B)の音を安定して出さないと間抜けな演奏になってしまいます.こういう曲の場合,あまり顎メリを使いたくなくて指メリによる半開でやりたいのですが,私はシ(B)の半メリが苦手で,どうしても不安定になってしまいます.

そこで,全メリでなんとかド(C)を出すことにしてへ長調の演奏にすることにしました.また,そうすれば半メリが一気に減ります.

男どもの歌と合わせるときは,二尺管でト長調の譜で演奏するのが良いかとも思いました.そうすれば一音低くなります.

F   G

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »