« 保坂裕興「虚無僧の生成」 | トップページ | 季刊邦楽 10号 »

今春のNHKの番組から

この春,NHKテレビで毎月のように興味のある番組が放映されました.

●NHK 2010年3月23日(火) 20:00~21:00
NHKプレミアム8 シリーズ伝統芸能の若き獅子たち -藤原道山

藤原道山氏の最近の活動のルポ.作曲の様子,山本邦山氏,我妻宏光氏らとのコラボレーション音楽の制作過程,お弟子さんの指導の様子などが取り上げられていました.このルポの中では道山氏の活動は,尺八での新しい音楽の範囲を広げると言うよりは,他の楽器・他の演奏家とのコラボレーションによる尺八の演奏の可能性の拡大を目指しているようでした.

●NHK 2010年4月29日(木) 14:00~15:00
芸能花舞台 -古典芸能の今- 演奏家を中心に

三人の若手演奏家が取り上げられ,その一人が善養寺惠介氏でした.演奏曲目は根笹派錦風流「三谷清らん」.演奏者本人の責任ではないのでしょうが,録音にエコーがかかりすぎと感じました.善養寺氏の演奏に人工的なエコー効果は必要なく,むしろ邪魔だと感じています.

●NHK 2010年5月8日(土) 14:00~16:00
NHK邦楽技能者育成会記念演奏会 

育成会発足から55年たち,今年で幕を下ろすことになったのだそうです.この演奏会は育成会としての最後の記念演奏会.実は,今回の演奏曲目も含めて,育成会で演奏されている曲群に私はほとんど興味がわきません.それでもこの番組には,私がなかなかお姿を拝見することのできない巨匠,中堅,若手が出演されていましたので録画して見ることにしました.4月にご逝去された横山勝也氏の晩年の姿をインタビューで拝見できました.

|

« 保坂裕興「虚無僧の生成」 | トップページ | 季刊邦楽 10号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 保坂裕興「虚無僧の生成」 | トップページ | 季刊邦楽 10号 »