« 保坂裕興(2000)「虚無僧 -普化宗はどように解体したか-」 | トップページ | 宇治市の普化塚 »

季刊邦楽 第5号

1975年10月発行の「季刊邦楽 第5号」を入手しました.

近代尺八から現代尺八への移行の時期,また,先代巨匠達が現役だった時代で,下に引用した目次を見ると時代の息遣いが感じられます.

たまたま見つけたので入手してしまいましたが,今,関心を持っている時代の文献とは違うので,これを読み解くのは暫く後になりそうです.

カラー口絵 
 虚無僧寺の現状 松戸=一月寺,京都=明暗寺
 尺八の銘器
特集 尺八の魅惑
 尺八の種類と歴史 月渓恒子
 天吹 白尾國利
 虚無僧の裏表 西山松之助
 虚無僧寺の歴史と現状
  博多=一朝軒 塚田豊
  高岡=国泰寺 湖海昌哉
  浜松=普大寺 足立晴舟
 ひょうたんなまずと尺八 吉川英史
 竹と生きる-尺八作りの名人に聞く
  横山蘭畝/北原宏造
 随想
  正倉院尺八の復元 青木鈴慕
  竹取り物語 山口五郎
  尺八との出会い 福田蘭童
 現代音楽に生きる尺八と伝統 船川利夫
 現代音楽と尺八楽 諸井誠
 リレー対談
  尺八の海外進出 北原篁山/横山勝也
  ジャズと尺八 村岡実/山本邦山

|

« 保坂裕興(2000)「虚無僧 -普化宗はどように解体したか-」 | トップページ | 宇治市の普化塚 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

季刊邦楽の5号の尺八特集は良い企画でしたね。
もう故人になられたかたも出てきていますし、幅広く尺八の魅力を伝えていると思います。

まだ古本屋ではそれほど高くないのではないでしょうか。

投稿: ろめい | 2010年3月13日 (土) 00時01分

表紙になんとなく見覚えがあって,ひょっとしたら発行時に買っていたかもしれません.記事の記憶は無いのですが・・・書庫を漁ったら,出てきたりするかもしれません.

発行は1975年10月で,私が大学で尺八を始めた年の秋です.(その後,私の尺八は20数年余の中断になります).

投稿: Yatou | 2010年3月13日 (土) 21時57分

創刊号から6号まで,6冊まとめて4000円でした.

1冊は安いのですが,バラ売りが少なくて,沢山まとめて1万円以上する場合が多いようです.

投稿: Yatou | 2010年3月13日 (土) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 保坂裕興(2000)「虚無僧 -普化宗はどように解体したか-」 | トップページ | 宇治市の普化塚 »