« 太政官布告 普化宗廃止 | トップページ | 国立公文書館デジタルアーカイブ »

与謝野晶子(1916)「新訳徒然草」

私のHPの明治大正時代文献に与謝野晶子(1916)「新訳徒然草」を追加しました.

与謝野訳では,「世を捨てたやうであつて、そして我執の塊のやうなものであ」り,「佛道の人のやうであつて、そして争闘するのを仕事のやうにして居る手合ひである」梵論僧の会話としては言葉遣いが丁寧すぎて,少々,情景が違うのではないかと思います.「死を輕く見て少しも拘泥しない所が潔く感じられる」ところから,梵論僧の会話を武士風の会話にしたのかとも思われますが,状況からすれば無理があると思います.

徒然草の原文はこちら

出典:国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
(与謝野晶子作品は著作権保護期間満了)

|

« 太政官布告 普化宗廃止 | トップページ | 国立公文書館デジタルアーカイブ »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/46666881

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野晶子(1916)「新訳徒然草」:

« 太政官布告 普化宗廃止 | トップページ | 国立公文書館デジタルアーカイブ »