« 仲田勝之助「古尺八について」 | トップページ | 尺八池(京都市) »

「尺八小史」・「正則尺八吹奏講義録」

国立国会図書館の近代デジタルライブラリーに尺八関連の本として以下の2冊を新たに見つけて,ダウンロードしました.

 市村富久「尺八小史」1919年(大正8年)一成舎
 東京尺八研究会「正則尺八吹奏講義録」1921年(大正10)東京尺八研究会出版部

「尺八小史」は私家本らしくて,著者が尺八の歴史を調べた知識を書き下ろした小冊子のようです.

「正則尺八吹奏講義録」は,尺八の演奏法を体系的に説明したものですが,演奏技術を言葉で説明するのはやはり少々無理があります.誰かの寄贈本のようで,最終ページに書き込みがあり,曰く「此の書より 吉田晴風の本がずうとよい 大正のは古いぞ 今は昭和だ!!」.当時の熱気が伝わるようです.

この本に以下の記述がありました.
=====
尺八とヴァイオリンの合奏
洋楽器にもいろいろありますが尺八によく合ふのはヴァイオリンであります,それで,合奏しようとする時には,尺八の甲音のレにヴァイオリンの細い糸Eを合せ,尺八のリに絲のAを合せるのでありまして(以下略)
=====

バイオリンと尺八が良く合うかどうか別として,尺八のレ→E,リ→Aとは?

ページを戻ると以下の記述がありました.
=====
尺八の種類
(前略)まづ一尺八寸のものが標準とされています.(略)合奏する時には,一尺七寸の物は端唄に用い,一尺八寸は琴に,一尺九寸は長唄又はヴァイオリン,ずっと長い二尺といふのは義太夫といふことになるので,洋樂との合奏には一尺九寸から二尺を用います.(以下略)
=====

1尺九寸がなぜヴァイオリンに合うのかよくわかりませんが,前述のリ→Aなら,二尺1寸管ではないでしょうか?

そういえば,先日このblogに以下のように藤田鈴朗(俊一)(1919,1929)「趣味研究 改訂 尺八通解」を引用しました.
=====
2.バイオリンと合奏
音合わせの方法として;
 尺八の「レ」を,バイオリンの「ミ(E)」 (←「ソ(G)」ではないの?)
 尺八の「り」を,バイオリンの「ラ(A)」 (←「ド(C)」ではないの?)
=====
この本にはさらに五線譜に尺八の音名が書きこまれていて,それによれはロはシ(B)になっていますから二尺1寸管のはずです.こちらの本では合奏用の尺八の長さは書かれていません.

当時と今のバイオリンの律が多少違うにしても,これは違いすぎ.リの音にバイオリンのAを合せる(両書にはそう書いてある)のではなく,実際は,バイオリンのAに尺八のリの音が合うような長さの尺八を,バイオリンと尺八の合奏に用いた・・・ということでしょうか? でも,なぜ?

ちなみに「書込みさん」が言っている吉田晴風が書いた本(前田佳風と共著)「尺八の楽理と実際」(1939)では,尺八のロはD(レ)となっています.

|

« 仲田勝之助「古尺八について」 | トップページ | 尺八池(京都市) »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/46139061

この記事へのトラックバック一覧です: 「尺八小史」・「正則尺八吹奏講義録」:

« 仲田勝之助「古尺八について」 | トップページ | 尺八池(京都市) »