« あのときの私 | トップページ | 藤田鈴朗「尺八通解」 »

あの頃の私:その2

大学のオーケストラでチューバを吹いてから2年後です.

01

お寺の本堂を借りて内輪の発表会.尺八の連管の向かって左側が私.右は今も親友としてつきあっているS君で,彼はかなり上手かった.私といえばそこそこには吹けていたつもりですが,こうしてみるといかにも不自然な姿勢で,見るからに下手そうです.おそらくその通りでしょう.曲はたしか「黒髪」.暗譜していますね.苦労して覚えた記憶が無いので,きっと若かったために簡単に覚えられたのでしょう.

02

こちらも同じ年に,ステージを借りて,やはり内輪での某女子大筝曲部とのジョイントの発表会.いわゆる「新曲」をやっています.ここでも暗譜しています.このころに熱心に練習したという記憶があまり無いのですが,ひょっとしたら今思い出しているよりはずっと熱心だったのかもしれません.

03

これも同じ年,わが尺八サークルの定期演奏会.リコーダー2本,尺八2本の某現代曲です.私は手前で長管(長さは忘れた)を吹いています.やっぱり,私の姿勢は不自然で見るからに下手そう.この曲はNHK-FMの現代音楽の番組で聴いて,一度で好きになって,作曲者に連絡して楽譜をいただいたという,無謀なチャレンジの結果でした.楽しかった.もう一人の尺八のF君は高校時代からの親友で,去年から尺八に復帰し,明暗を始めました.

あの頃の私...昔話はここで終わりにします.

|

« あのときの私 | トップページ | 藤田鈴朗「尺八通解」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/45661882

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃の私:その2:

« あのときの私 | トップページ | 藤田鈴朗「尺八通解」 »