« 少しずつ練習 | トップページ | 練習をそれなりに堪能 »

法隆寺の尺八演奏菩薩像

顎の調子も少しずつ改善されてきて,今日は1時間余の尺八の演奏が無理なくできました.久しぶりに根笹派の全曲が演奏できました.短時間の練習ですが,尺八は以前よりは良く鳴るようになってきました.

さて,今夜(日付の変わる前)のNHKで,法隆寺修復の特集がありました.その中で,本尊の釈迦三尊像の頭上を覆う天蓋が取り外されたとき,その天蓋の上面の数多くの装飾が映し出されていました.その中には多くの小さな菩薩像があり,中には楽器を演奏している菩薩像がありました.その一つが「尺八」らしきものを演奏していました.もちろんいわゆる「古代尺八」で私たちの尺八ではありません.菩薩は小指も使っているように見えます.なお,法隆寺には「古代尺八」の一管が残されていて,現在,東京上野の国立博物館の法隆寺館に保管されています(←の,はずです).

P1010008s P1010009s

(映像の著作権に触れたらゴメンナサイ.番組のプロモーションということで見逃してください)

|

« 少しずつ練習 | トップページ | 練習をそれなりに堪能 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/44361484

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺の尺八演奏菩薩像:

« 少しずつ練習 | トップページ | 練習をそれなりに堪能 »