« 絶不調だ | トップページ | 種田山頭火「行乞記」 »

大甲音

もう少し高い音が出た方がいいなと思っていたところ,大甲のレの半音上の音まで,なんとか旋律の中で使えそうな音が出るようになりました.高音が難なく出るようになれば,乙音の美しい最弱音も難なく出るだろうという考えもあります.私の尺八の練習の最初は乙音→大甲→乙音の繰り返しの音出しから始めるようにしています.もう一音上の音が出ないかという色気がでてきました.ヒの1オクターブ上の音がなんとか出るのですが,出るというだけで,旋律の中で使えるような音ではありません.これが自由に出るようになると,音域がほぼ3オクターブになって,根笹派の裏調子の変奏の幅が広がって面白そうなのですが,そうは簡単にはいきません.

|

« 絶不調だ | トップページ | 種田山頭火「行乞記」 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/44032947

この記事へのトラックバック一覧です: 大甲音:

« 絶不調だ | トップページ | 種田山頭火「行乞記」 »