« 尺八演奏動画 | トップページ | 大甲音 »

絶不調だ

尺八を吹いて音は出るものの思ったような音ではなく,いくら音をだしても思ったような演奏にならないという,絶不調の1か月を過ごしてきて,まだその最中にいるものの,なんとなく脱出の糸口が見えてきました.何回も経験していることなので,深刻には考えていません.毎日,演奏技術の細かいことは変化しているし(願わくば「進歩」であってほしい),音楽への気持ちも毎日変わるので,技術・音楽のそれぞれのバランスがとれなくなってしまうことがスランプ,不調だと思っています.

このところ,練習時間がとれず,顎も完治せず,楽器を長管に持ち替え,アンブシュアも変えて...ということなので,演奏,音楽のバランスが崩れているのは当然です.こういう時は,むやみやたらに練習を続けるのが最も良いのでしょうが,いかんせん,その時間がとれない.他に方法がないので,時間はかかるもののいずれなんとかなるだろうとのんびりと構えていました.が,結構辛いものもあります.

不調のときに「不調だ!」としてのんびりしていられるのは,アマチュアらしさ,また一人吹きの特権です.これで演奏会でも予定されていたら目もあてられない.

さて,尺八をじっくり演奏できる時間がとれるようになるのは,この先,4月半ばかと思います.

|

« 尺八演奏動画 | トップページ | 大甲音 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
韓国に来てmixiは続けていましたが、他の人のブログはあまり見ないようにしていました。

また遊びに来ますのでよろしく。

絶不調とのことですが、私も体調を崩していて尺八を吹く気すらおこりませんでした。
今日久しぶりに吹いてみたら、まったく感覚がずれています。
むかし、スランプというのは一流の人が使う言葉でお前のはうまいのがないんだから、ただの練習不足の下手だと言われました。
はい、そのとおり、10年早いですね。

投稿: ろめい | 2009年2月 8日 (日) 11時15分

>>絶不調の1か月を過ごしてきて

不調のレベルが、私などと違う上級者の言葉ですから、なんとも言えませんが、私の場合は、姿勢を正し、鴨居を見る角度で、大きく口を開け、あ~と息をいれ、奥歯で内肉をかむような感覚で軽く口を閉じ、息を腹から吐く・・の基本でやっています。 今のところ不調は有りません。
曲になると全然ダメです。が、これは不調とは言いませんね!!

投稿: 単管丸 | 2009年2月 9日 (月) 08時46分

ろめいさん,単管丸さん

Yatouです.コメントをありがとうございました.

私の尺八は「中級の下」です.それでも下手は下手なりに立派に「不調」があります.単管丸さんはお仲間と切磋琢磨されていて,また練習のたびに心身を落ち着かせておられるので安定しているのでしょう.私はいつも一人で好き勝手に吹いていますので,ブレが大きくて,時々このような不調になります.

ろめいさん,厳しい環境でお体を大切に.

ところで,いつでもそうですが,私は,不調になっても不調脱出の兆しが見えてこないと「不調だ!」と言えません.弱い性格なのでしょうね(←全く楽観的に客観視しています.ご心配なく).

投稿: Yatou | 2009年2月10日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/43991503

この記事へのトラックバック一覧です: 絶不調だ:

« 尺八演奏動画 | トップページ | 大甲音 »