« 種田山頭火「行乞記」 | トップページ | 豊島与志雄「浅間噴火口」 »

Endangered species

尺八の話ではありません.

15年ほど前のことです.定年間近のある男性と一緒に仕事をしていました.明るくて親切で,人が良く,働き者でした.ただひとつ問題があって,それは彼の話す言葉が理解できないことです.4年半の間毎日一緒に仕事をしましたが,結局,最後になっても彼の話す言葉は半分も理解できませんでした.私が困っているといつも中に入って通訳をしてくる若者がいました.彼は両方の言葉を完全に操るバイリンガルでした.

これは外国の話ではありません.人口50万人(当時)の都市,鹿児島市での経験です.鹿児島弁(「かごんまべん」,しかし私は「鹿児島語」と言いたい!)は,辞書・教科書が無い分,私にとっては英語より厄介でした.

UNESCOが世界の消滅の危機にある2500言語を報告しました.
この中に,日本の8言語が含まれています.

かつてあるベトナム人と話をした際,ベトナムでは主要民族(=majority.importantの意ではない)で人口の80%以上を占めるKin族(たぶん「京」族)以外に80以上の少数民族がいて,それぞれの言語を使用しているということに対して,私は,日本は在来民族としては少なくとも3民族があり,その内の主要民族は「Yamato」で(←これは話を簡単にするための用語です),在来の言語は少なくとも3言語があり,共通語は「Japanese」だと答えました.私としては少々控えめに言ったつもりです.そのベトナム人の反応は「たったの3か?」でした.

日本について「単一民族」という神話もかってはありましたが,自身を客観的に見ることも面白いことです.

つい最近,「The Komuso Shakuhachi player is one of the endangered  species.」と言ったばかりなので,上記の記事が特に気になりました.

さて,最近,また顎の調子が少々良くないと感じていたら,どうも尺八の吹きすぎのようです.1日15分,休日1時間~2時間ですからたいした演奏でもないのですけどね.せっかく長管も思うような音が出てきたし,頭の中にも「うた」が流れるようになって,「絶不調」から抜け出していたのに・・・またしばらく練習は減速します.

|

« 種田山頭火「行乞記」 | トップページ | 豊島与志雄「浅間噴火口」 »

音楽生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/44128630

この記事へのトラックバック一覧です: Endangered species:

« 種田山頭火「行乞記」 | トップページ | 豊島与志雄「浅間噴火口」 »