« 米国の尺八(1986年) | トップページ | 川瀬復童「曲譜 尺八早指南」 »

(ほぼ)完全復活

根笹派の曲を続けて一通り演奏してみたところ,1時間余の演奏を顎がほぼ無事のままなんとか終わることができました.そろそろ本格的に練習を再開できそうです.年末の連休にはまとまった練習ができそうです.

ただ,3か月間もろくに音を出していないのですから,まともな音が出てこないのはやむを得ない.また,顎の使い方も変えているのですから,さらに自由になりません.

このところ,音が出ればいいや...というようないい加減で楽しい練習を続けてきましが,先週,久し振りに「曲」を考えてみたところ,曲の演奏の中では音を出すよりも音を出さないことを制御するほうが難しいと感じました.今日の練習でその理由がわかりました.

初秋以来,私の秘密練習場は全部の機械が終日全稼働していてかなりの騒音を出しています.その中で演奏しながら,しかも音が出れば楽しいという練習を続けてきましたから,弱音での演奏の練習はもとより,そのイメージ練習すらしていませんでした.まあ,今は,それでも良しとしましょう.大きい音が出たほうが楽しいので...しかし,この機械は年末年始も止まらない.

|

« 米国の尺八(1986年) | トップページ | 川瀬復童「曲譜 尺八早指南」 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/43478542

この記事へのトラックバック一覧です: (ほぼ)完全復活:

« 米国の尺八(1986年) | トップページ | 川瀬復童「曲譜 尺八早指南」 »