« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

善養寺氏演奏会

善養寺氏演奏会に出かけました.

○「調子」 & 「秋風の曲」

調子は演奏曲として演奏する場合,尺八の音色,一音一音の完成度が完璧に求められる曲です.個人の個性としての音色か,使用楽器のためか,当然その両方でしょうが,強く,柔らかく,流れるような,聴きほれる音色でした.「調子」は一つの盛り上がりを示しながら,「秋風の曲」の序曲として静かに消えていきました.

寂寞とした「調子」に続いて静かでしかし色彩豊かな「秋風の曲」の序曲が始まりました.初めて聴いた「秋風の曲」は深い悲しみを美しく歌いあげた曲です.この曲は不思議な曲で,古典的なフレーズを使い,伝統的で堅固な構成をもちながら,曲の流れを乱すように異質で現代的な響きの短い手が曲の中に挟み込まれて聞こえてきました.お二人の演奏全体も現代的で新鮮な印象がありましたが,これは私が筝曲を聞きなれていないせいかもしれません.

「秋風の曲」の序曲に「調子」を置くことで,「秋風の曲」の皮相を透かす光がさして,そうでなければ私には見えなかった曲の奥が垣間見られたように感じました.

それにしても,筝曲を二尺四寸管で演奏するとは・・・

○「残月」

ほぼ30年ぶりに腰を落ち着けて聴いた地唄です.ですから何とも言えません.善養寺氏の演奏会ということで,尺八が全面に出た演奏でした.私としては尺八の演奏を楽しめる合奏でした.尺八が客演だった場合の善養寺氏の演奏はどのようになるのか,また主演客演の関係の無い演奏だったらどうなるのでしょうか.

○布袋軒所伝「鈴慕」

「残月」の演奏のあとの尺八本曲ということで,なんとなく会場にも,ステージ上にも,地唄の余韻が残っているようでした.地唄の難曲の演奏の余韻を完全に消し去るには15分の休憩では不足だったように感じました.ただ,善養寺氏には「ところがいつのまにか・・・・古典本曲にも三曲にも・・・・二つの尺八は融和することが出来るのではないかという夢を見るようになったのでした」との意図があったとのことでした.私の印象では,その意図は「秋風の曲」と「残月」で実現しましたが,古典本曲ではまだ道半ばであったのではないかと思います.私の耳が未熟だったのかもしれません.また,このような機会を経験させていただきたく思っています.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久し振りの尺八

先週末,ほぼ1か月ぶりで尺八に息を入れました.また顎に異常がくるのではと恐る恐るでしたが,それほどひどいことにはなりませんでした.訪ねてきてくれた知人と話をしながら,吹き合わせをしながら約2時間.なんとか顎はもちましたし,それほど恥ずかしい演奏にもなりませんでした.

久しぶりに実際の音を出してみると,深い息をするのも気持ちがいいし,振動する空気柱を包み込んだ尺八を両手で持っているのも気持ち良く,頭の中だけの演奏とは全く異なった気持ちよさがあります.これだから止められない.

まだ十全の回復ではありませんが,そろそろ復活したいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尺八を封印,その後

尺八を封印してからもうすぐひと月.まあなんとか生きています.実際に尺八を吹けない分,頭のなかでいろいろな尺八の音が鳴っています.あと暫くしたら少しずつ吹き始めてみようかと思っていますので,その時どんな音がでてくるかある意味では楽しみです.

昨日,NHKテレビでいつものスーバーピアノレッスンをみていたところ,講師の演奏家が学生にフレーズの終わりの音を指さして「この音は人生最後の音と思って弾いてください」と言っていました.一音成仏の世界ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東近江市の虚無僧池

先週末に東近江市にある「虚無僧池」を見てきました.旧能登川町です.東海道本線能登川駅のすぐ近くにありました.琵琶湖東岸地域は鈴鹿山系からの湧水が多いところで,名水選に選ばれている湧水もあるのですが,この「虚無僧池」もそんな湧水の一つです.もともとは水田地域の中にあったと思われますが,今は全くの住宅地の中になっていて,現在は「湧水公園」として整備されています.今でも水が湧いています.水温が一定であることから小さな池ながら希少種の淡水魚ハリヨが棲んでいるそうです.この池の奇妙な名前は,市役所の観光課の方に伺ったところでは,昔,一人の虚無僧が足を滑らせて池に落ちた後,琵琶湖から再び姿を現したという伝説が残っているから,とのことです.虚無僧の伝説はともかくとして,昔はもっと水量があったのかもしれません.3枚目の池の写真の中央から水が湧いていました.

01_2 02_3 03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津絵「女虚無僧」

次の週末に彦根に行くということで滋賀県の検索をしていたところ,大津絵の「女虚無僧」を見つけました.大津絵の店は大津にあるのですが,今回の日程ではとても訪問できません.そこで,おかしいと言えばおかしいのですが,「大津絵の店」HPからお土産(?)として「女虚無僧」ストラップを購入しました.

P1010003s_2

「大津絵の店」からは発送とともに丁寧なメッセージをいただき,それによれば,この図柄は江戸初期の元禄時代から描き続けられたものだそうです.この「女虚無僧」の像では虚無僧と言いながら深編笠ではなく浅い編み笠をかぶっていることを不思議に思っていたのですが,そういうことならわかります.これは当時の編み笠なのでしょう.深編み笠をかぶるのは江戸後期以降のはずです.女性像かどうかは定かではないそうですが,派手な衣装でもあり,おそらく当時の流行の「ちょい不良(ワル)」虚無僧風俗を描いたものでしょう.

以下は「大津絵の店」のHPです.

大津絵「女虚無僧」ストラップの販売

大津絵「女虚無僧」の説明

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »