« 吉田晴風・前田佳風「尺八の楽理と実際」 | トップページ | 尺八演奏のイメージ »

雅楽

雅楽の演奏会に行ってきました.演奏者は東京芸大の学生さんです.最近はこの種の演奏会は最前列で聞くことにしています.今夜は屋外で満月(?)を見ながらの演奏会.ちょっとした息使いまでわかるような最前列は良い席でした.演奏を離れて解説をすれば若々しい学生さんでした.

しかし・・・どうして我が国はこのように扱いにくい楽器を良しとして残したのでしょうか.笙は美し音色であるものの半端でなく扱いにくそう.篳篥は楽器と思えないほど音が出しにくそう.龍笛は音がかすれているし,音程が合っているのかいないのか・・・

いつ始まって,どのように曲が動いているのか判別がつきません.よく暗譜しているものだと感心しました.もっとも,以前のテレビで口伝と言っていたような記憶がありますので,それなら暗譜という考え方すら無いのかもしれません.もっとも,私も根笹派「流し鈴慕」を演奏した時にどうやって覚えているのと不思議に思われましたので,それぞれの世界ではそれぞれのやり方があるのでしょう.

そういえば,今日,久しぶりに根笹派の曲を練習していたところ,「虚空」を吹いているうちにいつの間にか「門附け」になってしまった....

01_4  

02_6

|

« 吉田晴風・前田佳風「尺八の楽理と実際」 | トップページ | 尺八演奏のイメージ »

音楽生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/42476922

この記事へのトラックバック一覧です: 雅楽:

» ミュンヘン音コン:埼玉の金子さん3位 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
ミュンヘン音コン:埼玉の金子さん3位 クラリネット部門 ドイツのミュンヘン国際音楽コンクールのクラリネット部門で日本の金子平さん(23)=埼玉県東松山市=が3位、弦楽四重奏部門で日本のウェールズ弦楽四重奏団が3位に入賞した。16日、日本の関係者に連絡が入った。 同コンクールは若手音楽家の登竜門の一つ。金子さんは東京芸大を経て現在、ドイツ・リューべック音大に留学中。第75回日本音楽コンクール1�... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 22時51分

« 吉田晴風・前田佳風「尺八の楽理と実際」 | トップページ | 尺八演奏のイメージ »