« 吉田晴風 | トップページ | 演奏会 »

メリ→カリ

昨日のバスの中でうつらうつらしながら,一曲や節の終わりに出てくる最後の音のメリ→カリが,このところ気になって仕方がないのはなぜなのかと考えていました.この音はメリ[メリ音質・弱音・一音低い]→カリ[カリ音質・強音・元の高い音]の変化です.この変化のさせ方に違和感が残ってしまっています.この変化は,三要素それぞれで[メリ音質→中間→カリ音質],[弱音→やや強音→強音],[一音低い→半音低い→元の音程]と変化しますが,問題はメリとカリの中間をどのようにするかです.三要素で(便宜上)三種がありますから,組み合わせ上では中間の演奏法は27とおりがあるものの,その中には[メリ音質・強音・一音低い]など,絶対に不可能なものもあります.バスに揺られて夢うつつの中でまっとうに感じられるいくつかの候補を考えて,今日,それぞれ試してみたところ,[メリ音質・弱音・一音低い]→[カリ音質・弱音・元の音程]→[カリ音質・強音・元の音程]という割と当たり前のものが今のところ最も良いように感じました.当たり前のことを曖昧にせず明確に演奏すればよいということでしょう.

|

« 吉田晴風 | トップページ | 演奏会 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/42406188

この記事へのトラックバック一覧です: メリ→カリ:

« 吉田晴風 | トップページ | 演奏会 »