« 最近の練習 | トップページ | 東近江市を訪問(予定) »

笑えない話・・・・・しばらくの間,尺八を封印

顎関節に異常が発生してしまいました.口を開けると左顎の関節が軟骨(?)に引っ掛かって口が閉じられなくなってしまいました.手で顎関節を押えて口を閉じると引っ掛かりがカクンと外れて口が閉じますが,その時に激痛がはしります.病院で診察をうけ,しばらくは薬での治療となりました.

原因は・・・(私の推測も含む)

1.元来の先天的な少々の顎関節の異常
 +
2.最近の強いストレス
   顎まわりの筋肉の強い緊張,昼夜の歯ぎしり,(頭を抱えての)片頬づえ
 +
3.上記ストレス解消のための尺八の吹きすぎ
   特にカリ⇔メリの集中的練習

症状発生の時期から考えると3が直接の誘因になっているみたいなので自業自得とも言えます.お医者さんには「最近,顎を使う楽器の練習をして・・・・」と言っておきました.

あくびで引っ掛かってしまいます.食事の際も口の開け方に注意が必要です.尺八の演奏では確実に引っ掛かります.笑うにしても口は開けられず,笑えません.

ということで,これからしばらく治療期間に入ります.当然ながら尺八演奏は自制して封印としました.マイッタ.

ちなみに,現在の私の尺八演奏は「Stage III:忙しくて尺八など吹いている暇はないのだけれど,吹かないと心と体の平安を保てない・・・だから,頻繁に少しずつ演奏している」に入っていました.これからどうしよう?

|

« 最近の練習 | トップページ | 東近江市を訪問(予定) »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

顎関節症ですか、それはご愁傷さまです。痛みがとれたらリハビリでしょうね。

通常、尺八のメリカリは顎関節よりも首をつかうことのほうが多いと思いますが、なったことのない僕には理解の外です。
参考までに、宮田耕八朗さんはアゴを前後させないで唇だけでメリカリ・ユリをせよ、と言ってます。

投稿: じなしふくぞう(旧しんた) | 2008年9月27日 (土) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/42609571

この記事へのトラックバック一覧です: 笑えない話・・・・・しばらくの間,尺八を封印:

« 最近の練習 | トップページ | 東近江市を訪問(予定) »