« 姿勢,長管 | トップページ | 好調 »

ストレス?

肉食獣に襲われた小動物はその危機にどう対応するか? 最近,ストレスに関するメンタルヘルスセミナーで良く聞く設問です.現代人のストレス反応も基本的にはこの状況に由来するもので,ここからの類推によって現代社会でのストレスは解決はつかないものの理解はできるというものです.その反応はたくさんあるのですが,そのひとつに敵に対して身構えることに由来して体中の筋肉が緊張するというものがあります.

尺八を演奏していて,上手く始めたと思ってもそのうちに少しずつどこかおかしくなってきて,腕が痛くなってきたり,音がかすれたり,果ては音が抜けてしまったりしまうことがあります.こういうときには,どうも腕や指,唇の筋肉が緊張をしていて余計な力が入っているらしいということに気が付きました.本来は全身の筋肉をリラックスさせて,力を抜いて,唇の開口部周辺や指先など必要最少限のところだけを意識するようにして最少の緊張だけをさせることが必要だろうと思います.それが演奏の最初の状態だったはずです.

ただ,上手くいかなくなったときには戸惑ってしまっていて,修正にせまられて,どうしてもあちこちに力が入ってしまいます.そういうときに力をさっぱり抜くというのには相当の勇気が要ります.スポッと音が出なくなりそうです.そのような時にこそ筋肉の緊張を解いて力を抜くということを意識した専用の練習が必要なのかもしれません.

なお,ストレス反応のひとつに手に汗をかくというのがあります.危機に直面した小動物が手の滑りを無くして逃避を確実にするためとか.手がサラサラのときはどうも尺八の演奏がうまくいかないというのが私の経験です.これはジンクスみたいなものと思っていました.ストレス説から考えると,良い演奏をするためには適切なストレスは必要ということでしょう.

|

« 姿勢,長管 | トップページ | 好調 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/42054502

この記事へのトラックバック一覧です: ストレス?:

« 姿勢,長管 | トップページ | 好調 »