« 月不見池 | トップページ | メリ »

宮崎神宮にて

仕事で宮崎県と鹿児島県に行ってきました.鹿児島県は個人的に少々ゆかりのある所なので,うろついてみたかったのですがほとんど自由行動がとれませんでした.

旧島津藩下の宮崎県の一部と鹿児島県各地には虚無僧踊りというものが伝承されています.神社に関係した祭りの際に奉納される棒を持った動きの大きな棒踊りの一種で,虚無僧踊りでは棒のかわりに尺八を持って尺八をを打ち合う動作をする踊りです.かつて島津藩に虚無僧跋扈していたはずはないですから,虚無僧ゆかりの虚無僧踊りというより,「棒→尺八」という流れでの虚無僧踊りではないかと推測しています.これも現地で調べてみたかったのですが,時間がありませんでした.

宮崎市では自由な時間が少々あったので,宮崎神宮に行ってきました.宮崎神宮は神武天皇を主祭神としています.宮崎県は記紀にゆかりのある場所が多く,いってみればスピリチュアルポイントがごろごろしています.さて,宮崎神宮では丁度まったく偶然に「養正講社月次祭」というものが行われていて,その中で雅楽を聞いてきました.と,どこかで聞いた旋律・・・・ゆっくりと,ゆっくりとしていましたが,黒田節じゃないですか! 帰宅してから調べたら,雅楽の中で最もポピュラーな曲の一つ越天楽が俗楽として歌詞が付けられたものが黒田節だそうです.

|

« 月不見池 | トップページ | メリ »

音楽生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/41907155

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎神宮にて:

« 月不見池 | トップページ | メリ »