« メリ | トップページ | 感謝 »

また人前で

邦楽関係者以外の前での演奏は,こんなジャンルのしかもこんな演奏につき合わせるのは申し訳ないという気持ちがあってできるだけ自重しているのですが,かといって関係者が周囲にほとんどいないので,一昨日にまた,あるグループの前で演奏してしまいました.御苦労さんという意味のお世辞がはいっているかもしれませんが,そこそこの好評だったように思います.同じ集まりでは一昨年に初めて演奏していて,今回は2回目.「前回より格段によかった.特に弱音が美しかった.」との言葉をいただきました.「メリ」という業界用語を知らない人たちです.おそらく「メリ音」のフレーズのことを言っているのだと思います.門外漢にもわかってしまうほど良くなったのかと,非常に驚きました(以前はそんなにヒドかった?という意味も含めて).虚無僧尺八は「やっている人にしかわからない」,と言うよりは「関係者以外には興味が持てない音楽」という気持があったのですが,そんな考えは改めた方がいいのかもしれません.

先月,オーストラリアからの来客があった際に演奏したことは以前のblogに書きました.このときのグループの前では3年ほど前から数回演奏しています.このときも,実は,「ずいぶん腕をあげたね」との言葉をもらいました.自己評価では以前も上手くはないにしてもそれほど下手ではないと思っていましたので,こういう評価は非常に微妙です(以前は実際のところはどうだったの?).この2か月間に全く別の人たちからそれぞれ同じような評価を続けてもらいました.まあ,結果として門外漢が聞いてもわかる程度に技術が向上しているのなら,それで良しとしましょう.次は業界関係者からそれなりの良い評価をいただけるように精進することにしましょう.

|

« メリ | トップページ | 感謝 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/41990222

この記事へのトラックバック一覧です: また人前で:

« メリ | トップページ | 感謝 »