« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

豪州からお客さん

先日,オーストラリアからの客人がありました.元キャンベラ豪日協会会長です.すでに何回も来訪しています.定年退職前は小中学校の日本語教師ということもあって,来訪するたびに英語の指導もしていただいています.歓迎会も恒例行事になっていて新参の私ですら3回目の参加です.今回は初めて尺八の演奏を披露しました.もともと親日家ですのでとても興味を持って聴いてもらえました.記念に一緒に写真をとりながら,「skilled player」という言葉をもらいました.そうか,上手下手は別として(別にしてくれなければ困る),こういう言い方もあるのかと,ひとつ勉強になりました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノ演奏

職場の若者が結婚したので関係者でお祝いの昼食会をレストランで開きました.新婦さんは音大出身でピアノ専攻.せっかくなので演奏をお願いしたところ,ショパンの小品を演奏してくれました.音の波のなかに旋律の粒が輝いているような曲でした.生演奏はいいですね.この新婦さんは嫁入り道具にグランドピアノをアパートに持ち込んだとういうので皆が驚きましたが,これだけ弾ければそれも当然かと思いました.

そういえば,私の職場の私の関係者の中にはギタリスト,フルーティスト,ユーフォニウム奏者,マンドリン奏者がいます.つい最近まではキーボード奏者,ベース奏者もいました.集まれば何かできそうですが(私も含めて?),なかなか集まれる時間のとれない職場なので,機会をみつけて一人ずつ何かやってもらいましょうか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »