« 中尾都山「尺八音譜解説」 | トップページ | 古本購入 »

小川儀蔵「尺八獨稽古」

小川儀蔵「尺八獨稽古」1891年(明治24年)

三回目の小川儀蔵「尺八獨稽古」です.明治中期以前の貴重な文献です.奥付をみると小川は名古屋近辺の人です.残念ながら時代の雰囲気を伝える緒言などはありません.掲載されている楽譜は地唄と本曲のみ.このうち本曲は以前に書いたように西園流のように思われます.

月溪(2000 注)によると,樋口対山は1885年(明治18年)ころに名古屋から京都に移り,1890年(明治23年)の明暗教会設立に尽力し,同年に対山または鈴木孝道の名で「大本山秘曲本手」として「嘘鈴」と「嘘空」の木版刷り楽譜を出版しています.この状況を考えると,小川の譜が現在の京都明暗寺対山派の譜とほとんど同じこともあり,対山はこの小川譜とほぼ同じ曲をを習ったのではないかと思われますが,どうでしょうか.

巻末に譜の全国の販売書店が列挙されています.その中に私の知っている本屋があるのに驚きました.遠江浜松(現浜松市)の谷島屋,水戸市の川又限造(たぶん現川又書店)です.他は知りませんが,これらは明治初期からの本屋さんなのですね.

注:月溪恒子(2000)「尺八本曲の研究」出版芸術社

|

« 中尾都山「尺八音譜解説」 | トップページ | 古本購入 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

> 対山はこの小川譜とほぼ同じ曲をを習ったのではないかと<

「山夜」と「鶴のすごもり」を対山の自筆譜と比べてみましたが、確かに小川譜と同等のものを知っていたと考えるのが自然ですね。

「山夜」は記譜癖の違いていどで、同曲といって良いかと思います。
譜面上ではウをカリチに変更、ナヤシのような装飾的な手が加えられている程度の違いです。

「鶴のすごもり」は段形式に整理するうえで、ホロホロなど、派手な手を増やしながら、見通しを良くした感があります。

小川譜が西園流で間違いないとすると対山の作業は、西園流の曲に対して、陰旋を陽旋に変更して古さを出す(京都の真法流の雰囲気を継承した?)と共に、琴古の手を加えて、当世風の流行を取り入れ、かつ、取っ付きやすく整理したといった一面がありそうです。
対山は本曲の編集において、営利的なセンスを発揮していたということでしょうか。

ところで、
>木版刷り楽譜を出版しています.この状況を考えると,小川の譜が現在の京都明暗寺対山派の譜とほとんど同じこともあり,対山はこの小川譜とほぼ同じ曲をを習ったのではないかと思われますが<

明暗教会設立に尽力したことや木版刷り楽譜の出版が、対山が小川譜とほぼ同じ曲を習ったという推測と、どう繋がるのかよく分からないのですが、どういうことなのでしょうか?

投稿: ペリー | 2008年3月 9日 (日) 07時09分

Yatou さん、お忙しいのでしょうか。

木版刷りの「嘘鈴」、「嘘空」という曲がどういう来歴なのか気になっています。
「嘘」の字を使うのは対山以前の京都明暗寺の習慣ですが、明暗寺の伝承とは考えにくい。
西園流でこのような伝承を持っていたのか、対山の編曲なのか、あるいはやはり、明暗寺の伝承なのか?
「嘘空」がとても短いですよね。

余計なことを気にするな、という考えもあるかと思いますが、分かるものなら知りたいところです。
何かヒントをお持ちでしょうか?

投稿: ペリー | 2008年3月11日 (火) 05時00分

小川が西園流かどうかの確認ができていませんので,確たることは言えません.ただ,時代の推移をみると,浜松の普大寺から名古屋の西園流へ本曲の伝承があったのが明治4年の普化宗廃絶直後,対山が名古屋から京都に移ったのが明治18年ころ,そして対山の譜の刊行が明治23年.一方,名古屋周辺には三重の普済寺以外に有力な虚無僧寺が無かったはずなので,小川が虚無僧本曲を習ったのは西園流(で演奏されていた普大寺の曲)と推測され,またろめいさんの西園流の演奏と小川譜がほぼ同じことからも,おそらく西園流だろうと推測しています.この推測が正しければ,小川譜の発刊が明治24年で,京都での対山譜の発刊とほぼ同時ですから,対山と小川儀蔵は名古屋でほぼ同時に西園流(で演奏されていた普大寺)の虚無僧本曲を習って,後日に別々に譜を発刊したことになります.私が興味があるのは,元の曲がどんなものだったかということで,このため同じ曲を別人がどのように記譜したかに興味があるのですが,いわゆる虚無僧本曲の場合は譜から実際の演奏を推測するのはほぼ不可能なので,残念ながら肝心の点は結局不明です.

投稿: Yatou | 2008年3月30日 (日) 22時43分

Yatou さん、丁寧な回答をありがとうございました。

>私が興味があるのは,元の曲がどんなものだったかということ

客観的に考えるなら、原曲が存在したと想定できる根拠はなにも無いわけです。
むしろ現在の曲から痕跡を探れば、元になる断片的なアイデアが一部に流布した状況があって、そこで始めから多様な構造、様式で吹かれていたものが統合分岐を繰り返して伝えられてきたと考えるほうが自然ではないかと思います。
まあ、私の考えはどうでも良いことですが…。

気になるのは先にも触れましたが、対山の「嘘空」と「虚空」が何故これほど違うのかという点です。

もうひとつ注意を要することは、小川が西園流であっただろうことはひとまず良しとして、西園流が普大寺の本曲どこまで正確に伝承しているか。まったく不明であること。
さらに梅翁でしたか、普大寺の伝承者が伝承をどの程度変更したか、あるいはしなかったかも不明であることです。

楽譜が出版されている現在でも、戦前とはすでに奏法が違いますし、演奏の現場では削除したり増補したりということが行われています。
この奏法の変更、削除、増補という操作が現在の曲の多様性を生みかつ、一曲が固定されているという現実を忘れてはならないでしょう。

すいません、少し書きすぎましたか。

投稿: ペリー | 2008年4月22日 (火) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/40408822

この記事へのトラックバック一覧です: 小川儀蔵「尺八獨稽古」:

« 中尾都山「尺八音譜解説」 | トップページ | 古本購入 »