« 上村雪翁「尺八独案内」 | トップページ | 小川儀蔵「尺八獨稽古」 »

中尾都山「尺八音譜解説」

中尾都山「尺八音譜解説」1908年(明治41年)竹琳軒

国立国会図書館の明治時代文献から中尾都山「尺八音譜解説」の一部を私のHPに入力しました.

都山流楽譜の解説書です.この後に発行される楽譜の凡例が書かれています.緒言では「尺八を學ぶもの都鄙の別なく甚多し」とし,一方「其多くは徒に音色を弄するに過ぎずして律呂に叶ひ樂理に適するもの甚だ尠少なり」と言っています.同時期の教則本の緒言のほとんどが同じことを言っているのですから,そういう時代だったのでしょう.

この本で特徴的なことは,凡例で「地歌(琴歌)を統一する當道音樂會に於て正確と認め用るものを本位として作譜せり」としていることで,同時代の類書が地唄の曲は統一されていないので合奏の場合は楽譜を修正して糸方に合わせるようにとの注意書きがあるのとは異なります.また尺八譜は合奏について「離れては合ひ合しては離れる事之れ合奏の上乘なればなり」として作譜されているとのことで,たしかに琴古譜等他の多くの譜とは作譜の姿勢が異なるようです.

巻末に楽譜の広告がありました.
  中尾都山著の地唄の「尺八音譜」
    黒髪,千鳥の曲など4冊
    六段,越後獅子など4冊が近刊予定
  中尾都山編 地唄の「ヴァイオリン音譜」
    千鳥の曲,残月など22冊
   「近刊続々発行」予定
驚くことに地唄の「ヴァイオリン音譜」が多数発行されていて,しかも尺八譜より先行しているようなのです.「春の海」で琴とヴァイオリンの合奏バージョンがあることは知っていますが,地唄について何故ヴァイオリンなのかが私にはよくわかりません.尺八の参入以前から胡弓が合奏していたものの,今から思えばヴァイオリンの相手はハープくらいが良かったのではないでしょうか.尺八演奏家の都山に尺八とハープでの筝曲,せめてその組合わせで「春の海」という発想はなかったのでしょうか? ところでこの「ヴァイオリン音譜」は版を重ねているようなので結構売れていたように見えます.需要があったんだ!

|

« 上村雪翁「尺八独案内」 | トップページ | 小川儀蔵「尺八獨稽古」 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/40346004

この記事へのトラックバック一覧です: 中尾都山「尺八音譜解説」:

« 上村雪翁「尺八独案内」 | トップページ | 小川儀蔵「尺八獨稽古」 »