« 自衛隊中央音楽隊の演奏会 | トップページ | 上村雪翁「尺八独案内」 »

若原孤山「孤山流尺八入門」

若原孤山「孤山流尺八入門」1911年(明治44年)松風会

国立国会図書館の明治時代文献から若原孤山「孤山流尺八入門」の序文を私のHPに入力しました.

明治40年代の尺八教科書の序文には,「近時(中略)斯道を學ふ者亦甚多し」の意味の文章で始まるものが多いように思います.

本書では,これに続いて「然れ共其多くは尺八樂本來の樂理に反き徒に音色のみを弄するもの或は樂理に迷ひて間拍子のみを學ふもの等一方に偏し以て尺八の眞味を没却するに至るものある」と書かれています.何時の世もまさにそのとおりなのですが,問題は「尺八の眞味」が何かということについてのコンセンサスはあったのでしょうか?

|

« 自衛隊中央音楽隊の演奏会 | トップページ | 上村雪翁「尺八独案内」 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/40245202

この記事へのトラックバック一覧です: 若原孤山「孤山流尺八入門」:

« 自衛隊中央音楽隊の演奏会 | トップページ | 上村雪翁「尺八独案内」 »