« 雪の高田 | トップページ | 角屋可好「尺八之栞」 »

「古事類苑」

明治時代文献「古事類苑」の尺八の項の序文を私のHPに入力しました.

いったい何でこんな作業を続けているのかとふと自問したくなりましたが,面白いと思えば良いわけで,それが「趣味」なんですよね.

今夜も外は雪です.

|

« 雪の高田 | トップページ | 角屋可好「尺八之栞」 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

初めまして
H・Pを同じように私も立ち上げています。
更新をするとき、何のためにこんなことを続けるの?と自問自答する箏がありますね。
結局は自分自身のためなのでしょうね

投稿: 孤舟庵 | 2008年2月 2日 (土) 21時56分

孤舟庵様

internet上でしか存知上げませんが,活躍されている竹兄に声を掛けていただき感謝します.

少々へこんでいたのと,作業のマンネリを感じてグチを書いてしまいましたが,本当は楽しい作業なんです.

投稿: Yatou | 2008年2月 3日 (日) 00時37分

国立国会図書館のめぼしい文献は一通り覗いたつもりだったのですが、「古事類苑」
は気づきませんでした。
體源抄量秋本の尺八の図によると黄鐘切りとか一越切りというのはスケールが違うようですね。
 一越切りが「レファソラドレ」だとすると
 黄鐘切りが「ラドレファソラ」
ということでしょうか。
とっても意外でした。

投稿: ペリー | 2008年2月15日 (金) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/17924867

この記事へのトラックバック一覧です: 「古事類苑」:

« 雪の高田 | トップページ | 角屋可好「尺八之栞」 »