« 角屋可好「尺八之栞」 | トップページ | SPレコード音源 »

吉村敦「琴古流尺八音譜解説」

吉村敦「琴古流尺八音譜解説」1911年(明治44年)共益商社

国立国会図書館の明治時代文献から吉村敦「琴古流尺八音譜解説」の緒言と解説の一部を私のHPに入力しました.

明治後期の文献では,この本に書かれているように「近年勃然として興り山間の僻地に於ても其の音彬々として耳朶を襲ふ」というように,民間に広まり,しかも一般の曲が演奏されていたようなことを示す記述が多いように感じます.

なおこの本では「當今は一尺八寸及び一尺九寸を多く用ゆ」としています.

|

« 角屋可好「尺八之栞」 | トップページ | SPレコード音源 »

尺八資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/40083830

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村敦「琴古流尺八音譜解説」:

« 角屋可好「尺八之栞」 | トップページ | SPレコード音源 »