« 霧海ジ | トップページ | 善養寺氏演奏会 »

吉田梵仙「拈評三百則不能語」その後

吉田梵仙「拈評三百則不能語」の漢文のテキストを知人の中国人(理系の大学院卒)に見てもらいました.

1時間後,その結果は「ギブアップ」でした.

ペリーさんの和訳を見て,おそらくそれらしい事が書いてあると思われるとのことでしたが,自分では読めないそうです.私が最初の2行くらいを読み下し文として読んで見せたら,何で読めるのかと驚いていました.よっぽど読めないようです.

漢字が旧字のために読めないのか,用語・文法が古くて読めないのか,ゆっくりと話す時間がなくて聞けませんでしたが,ともかく現代中国語とはかけ離れているようです.私たちが源氏物語かそれ以前の古文を読むようなものなのでしょうか.

|

« 霧海ジ | トップページ | 善養寺氏演奏会 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/17422087

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田梵仙「拈評三百則不能語」その後:

« 霧海ジ | トップページ | 善養寺氏演奏会 »