« 学生時代のサークルが・・・ | トップページ | 年末に思う »

ある葬儀にて

JRで7時間ほどかけて郷里に帰り恩人の葬儀に出席してきました.多くの人に慕われた人でした.半年ほどの闘病の末の永眠でしたので,落ち着いた雰囲気の葬儀でした.

数年前,これとは違い悲嘆に沈んだ葬儀に参列したことがあります.この時,葬儀に流れる読経と声明が,もちろん手垢が付いたように通俗的ながら,悲しみの空間を満たす音楽として強い力を持っていると感じました.それを聞きながら一方でこれに匹敵する尺八本曲があるだろうかと戸惑いました.演奏関係者の了解だけにもとづく自己満足の演奏ではなく,聴く人と逝く人に届く音楽です.

それから数年たって,葬儀に参列しながらかつてのこの迷いを思い出し,その時に欲しかった強い力を持った祈りの曲が少なくとも2曲はあると今の私は思っています.それを私が実現できるかどうかは別問題ですけど...かつての迷いは私の未熟の故,理解不足の故だったのでしょう.

帰路の駅弁は豊橋駅の「いなりずし」でした.豊橋に行かれた方は是非どうぞ.少し味が濃いかも.

|

« 学生時代のサークルが・・・ | トップページ | 年末に思う »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/17515849

この記事へのトラックバック一覧です: ある葬儀にて:

« 学生時代のサークルが・・・ | トップページ | 年末に思う »