« ある葬儀にて | トップページ | 謹賀新年 »

年末に思う

尺八古典本曲の音階・音程が,平均律や純正律に合っているかどうかと言っても世界には様々な音程・音階があるのですから,そのうちの一つや二つに合っているとか近いとか言うのは大した意味が無いように思います.

尺八の音は倍音成分が多くて複雑な音色だと言っても,音又のような響きの楽器は世界のどこにもありませんし,複雑な音が出るように意図的に工夫された楽器はいくらでもあります.

音によって音色が変わるのは楽器の常で,音高で音色が変わりにくく作られているはずの西洋クラシック音楽の楽器ですら高音と低音ではかなり違った響きになりますし,ピアノですら強音と弱音では相当に違った響きがします.音色の複雑なことが尺八の特徴とは言えません.

尺八にはメリ音があると言っても,演奏法を工夫して音程を補正するのはすべての楽器で演奏の常識ですし,メリで音色を変化させると言っても,西洋クラシック音楽で使われる楽器ですら弱音器を使ったり,弦楽器なら弦に指をかけたりして,音色を変化させます.

尺八には特殊技法があると言っても,「特殊」はあくまも特殊の話で基本の話ではなく,一方,楽音以外の音を出そうと思えばどんな楽器でも可能で,多くの民族音楽楽器では実際に使われているし,西洋クラシック音楽でも曲のスパイスのように時に使われます(一時の「現代音楽」では流行りました).

尺八では微分音とか中間の音があるといっても,リコーダーをはじめグリッサンドなどで音程の中間の音を使う楽器はいくらでもあり,当然ながらフレッドのない弦楽器では中間音など自由です.

私は草木の間を歩くことが多く,この時には水の音,風の音,草木の音,鳥の声など,多くの音が聞こえてきます.しかしこのような音を楽器で直接的に模すことに重要な意味があるとは思えません.それが竹林の風音であってもです.楽器から出てくるのは音楽でしかなく,私たちが楽器から受取るのも音楽でしかないからです.尺八の音が「自然」と直接につながるという感覚も私には良くわかりません.

尺八が世界の楽器の中で特殊・特別なものと考えることを,私はやめようと思います.

また,尺八を他の楽器,特に西洋クラシック音楽で使われる楽器と比較しながら,そのとき見つかる差異を強調することで尺八のアイデンティティーを確立しようというのは,それこそ尺八を「特殊」な楽器として追い詰めてしまうことになるように思います.

竹筒に息を吹き込めば音が出る,それをうまく工夫すると「うた」なる...というような原初的な喜び,楽しみを基本に置いて,来年は練習をしてみようかと考えています.

莫とした意見はできるだけ書かないことにしていましたが,年の最後の一回は禁を破りました.皆さん,よいお年をお迎えください.

|

« ある葬儀にて | トップページ | 謹賀新年 »

音楽生活」カテゴリの記事

コメント

一年の間、色々勉強させていただきました。来年も、色々な知識を得たいと思います。

私はただ師匠の指導に則り、吹くだけで、楽典知識も、洋楽知識も、尺八の歴史などにも疎いので、貴ブログがとても楽しみです。

それでは、良いお年を・・・

投稿: 単管丸 | 2007年12月31日 (月) 17時05分

あけましておめでとうございます。

>>尺八が世界の楽器の中で特殊・特別なものと考えることを,私はやめようと思います.

この意見に賛成です。
反対に尺八を特殊な楽器だと考えるなら、世界中の楽器全てが特殊なものと考えられると思います。

尺八が特別な楽器だと主張することが、尺八の敷居を高くしているように思えてなりません。
「首振り3年 云々」は、自らの技量の拙さの良い訳でしかないと思います。

しばらく前に竹友社のサイトに「尺八は難しい楽器か」と言うタイトルで、拙文を掲載したことがあります。よろしければご覧下さい。
http://www.chikuyusha.jp/cwd19/3fmyomoyama.html

投稿: ムーミンパパ | 2008年1月 1日 (火) 13時47分

訂正です。

誤)良い訳でしかないと思います。
正)言い訳でしかないと思います。

投稿: ムーミンパパ | 2008年1月 1日 (火) 18時41分

(1月2日記)

単管丸さん
今年は私も単管丸さんを見習って練習の機会を増やしたいと思います.

ムーミンパパさん
伝統的な尺八の本流におられるムーミンパパさんに同意していただけたことを嬉しく思います.今年も何がしかのご教授をいただければ幸いです.

投稿: Yatou | 2008年1月 2日 (水) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/17526457

この記事へのトラックバック一覧です: 年末に思う:

« ある葬儀にて | トップページ | 謹賀新年 »