« 阪井弁「明治畸人伝 その2 | トップページ | 啓蟄 »

大甲

どうも,チ相当の大甲の音(A)が出ません.大甲のチ(メ)相当の音(F♯ or A♭)が出て,今日,その1音上のリ(メ)相当の音(A♯ or B♭)の音が出ましたが,チ相当の音(A)が出ません.5孔管では出ないのでしょうかね.ときどきこういう尺八の基本でわからないことがあります.

さて話は逸れますが,つい先日実家に所用で帰省したおり,愛知県の豊橋駅で懐かしい駅弁「稲荷寿し」を見つけました.豊橋駅の「ちくわ」は今や全国的に有名ですが,この「稲荷寿し」も昔から名物です.40年以上前とパッケージが何一つ変わっていません(バーコードは新しい).味も懐かしい味で,昔と(たぶん)変わっていませんでした.甘い味付けです.今の味覚では少々味付けが濃いので太巻きとセットのものが良いかもしれません.豊橋に行かれたら,是非,ご賞味を.
Inari

|

« 阪井弁「明治畸人伝 その2 | トップページ | 啓蟄 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

大甲チ
普通の地塗管なら、4孔開で出るはずですがいかがでしょう?

投稿: しんた | 2007年2月27日 (火) 00時36分

4孔開は三本の尺八で試しましたが、いずれもAとB♭の間くらいになりました。しかも、とても不安定でなかなか出ない。
一二四孔開でA♭ですね。さらに一孔をすかしてカルとAになりますが、カリの音色で、ちょっと荒くなってしまいます。
こんな高い音、何に使うんですか?

投稿: ペリー | 2007年2月27日 (火) 14時39分

訂正。
すいません。音をはずしていました。
四孔開でA、でますね。
一四五孔開のB♭から降りると出しやすいですね。

投稿: ペリー | 2007年2月27日 (火) 14時47分

ご教示,ありがとうございました.

確かに出ました.同じ指使いで出ていた一つ上の倍音ということでした.まだ,旋律の中で使えるような出方ではないので,もう少し工夫していきます.

投稿: Yatou | 2007年3月 3日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/14048363

この記事へのトラックバック一覧です: 大甲:

« 阪井弁「明治畸人伝 その2 | トップページ | 啓蟄 »