« 明治時代の尺八資料 2 | トップページ | 昔の尺八の値段 »

新文献(偽)

このような文献を見つけました(ウソです).

尺八の表四孔は水,金,地,火の地球型各惑星を表し,中を抜く管孔は火星軌道に外接して公転する小惑星群ヴァンアレン帯を表し,裏一孔と上下二孔は木,土,天王のガス型巨大惑星を表し,継ぎ手に現れる上下二孔は海王,冥王の二惑星を表すが,冥王星の惑星資格を欠くにより継ぎ手を継いで二孔を合わせて一孔とす.かくの如く尺八は太陽系を表し,その音は地球を発し太陽系隅々まで響くものなり.

尺八の表四孔は生命の根幹たる遺伝子を構成するDNAの四要素なるアデニン,シトシン,グアニン,チミンの四塩基を表し,裏一孔はRNAでチミンに替わるウラシルを表し,管中を貫く管孔は細胞の中心に縷々として存在するDNA分子を表す.七節六節間を掛けた七六四十ニは人の染色体四十ニ本を表し,また七節六節間五孔に上下のニ開孔を加えた二十は生物を形作る二十アミノ酸を表す.かくの如く尺八の音は演奏者聴者の細胞の隅々まで沁み入りその分子の一つまでことごとく響振させるものなり.

|

« 明治時代の尺八資料 2 | トップページ | 昔の尺八の値段 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/13784950

この記事へのトラックバック一覧です: 新文献(偽):

« 明治時代の尺八資料 2 | トップページ | 昔の尺八の値段 »