« 昔の尺八の値段 | トップページ | 阪井弁「明治畸人伝」 »

根笹派「獅子」裏調子

年が明けてから少しは新しいことを始めようと考えて,「獅子」の裏調子の練習を始めました.もともと演奏しやすい曲なので,裏調子ではさらに音の出しやすい楽しい曲になります.4度下げたり,5度上げたりして工夫しています.本調子で山型構成の曲が,裏調子では双頂の山型になるようです.大甲の音を使ってこれをさらにもう一度山型構成にしてみると緊張感があって面白そうなのですが,大甲のチ(A)がどうしても出なくてうまくいきません.チ(メリ)相当の音(=A♭)までは出ますが,あと半音が足りない...

年末に一回と先週に人前で演奏する機会を作りました.親しい友人の集まりで演奏させてもらいました(=無理やり割り込んだ).じゃあ尺八を一曲...という調子で,それこそ「竹の温まる間もない演奏開始」だったものですから,ろくな音はでませんでしたが,珍しがって楽しんでもらえたようです.年末は「根笹派:流し鈴慕」,先週は「対山派:調子」と「根笹派:獅子(本調子)」でした.

|

« 昔の尺八の値段 | トップページ | 阪井弁「明治畸人伝」 »

根笹派:獅子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/13966301

この記事へのトラックバック一覧です: 根笹派「獅子」裏調子:

« 昔の尺八の値段 | トップページ | 阪井弁「明治畸人伝」 »