« 国枝史郎:名人地獄 | トップページ | 坂口安吾:明治開化 安吾捕物 »

このごろの練習

昨日,数曲を軽く練習して1時間ほど演奏したところ,やはり今日,右腕に後遺症がでてしまいました.こういう時は基礎練習をしましょう.

乙音をだした後,唇の形を全く変えないままに息を強くすると甲音の大きな音がでます.そこで,唇の形を変えないようにして,息の制御だけで乙音-甲音-乙音と,ロ,ツ,レ,チ,リ,ヒの順に吹き,同じ方法でヒからロに降ります.次は同じ方法で甲音-乙音-甲音を吹きます.同じ方法でもこちらの方が少し難しい.

息の強さが同じなら,吹き込む息を細くすると少し大きな音で甲音がでます.そこで,次は,息の流れは一定にしておいて,息の太さを変えるだけで(=唇の操作だけで)乙音-甲音-乙音と,ロ,ツ,レ,チ,リ,ヒの順に吹き,同じ方法でヒからロに降ります.次は同じ方法で甲音-乙音-甲音を吹きます.こちらはかなり難しくなります.

これを音量を変えたりしながら繰り返し,どの音もきれいに出るようにします.

ブラスバンドならば中高生でも毎日やっているこういう練習を私は尺八では今ごろやっているのですから,「尺八は音の出しにくい楽器」と言う資格は私には無いだろうと思っています.

|

« 国枝史郎:名人地獄 | トップページ | 坂口安吾:明治開化 安吾捕物 »

演奏一般」カテゴリの記事

コメント

オクターブの跳躍練習の方法としては、他にこんなことをやってます。
唇はなるべく操作しないようにして口腔容積を大中小(乙・甲・大甲)と変化させる。さらに体の共鳴ポイント(そういうイメージ)を下から上に変化させる。上から下へはそれぞれ逆に変化させる。

投稿: しんた | 2006年12月25日 (月) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/13190162

この記事へのトラックバック一覧です: このごろの練習:

« 国枝史郎:名人地獄 | トップページ | 坂口安吾:明治開化 安吾捕物 »